ページID:P045547

全国家計構造調査を実施します

最終更新日 2019年8月21日(水曜日)

印刷

zenkokukakei

全国家計構造調査とは?

全国家計構造調査は、家計における消費、所得、資産及び負債の実態を総合的に把握し、世帯の所得分布及び消費の水準、構造等を全国的及び地域別に明らかにすることを目的として行われる調査です。平成26年までは全国消費実態調査の名称で実施されていた調査の後継調査です。

調査員が自宅を訪問した際には、調査への御理解と御協力をお願いします。

調査の期間

令和元年10月及び11月の2か月間

(注意事項)8月から事前調査のために調査員が調査対象地域のお宅を訪問する場合があります。

調査の対象

全国の全ての世帯のうち、総務大臣の定める方法により選定された2人以上の世帯と単身世帯。

(注意事項)学生の単身世帯、社会施設又は矯正施設の入所者、病院等の入院者などは除く。

厚木市の調査対象地域

厚木市内の調査対象地域は次のとおりです。

中町3丁目、栄町1丁目、関口、中依知、妻田北3丁目、妻田西3丁目、戸室1丁目、恩名2丁目、恩名4丁目、恩名5丁目、愛名、温水西1丁目、愛甲1丁目、愛甲2丁目、愛甲4丁目、森の里1丁目、森の里2丁目の各町丁字の一部

調査事項

  • 家計に関する事項(日々の家計の収入と支出の状況)
  • 年収・貯蓄等に関する事項(年間収入、金融資産残高(預貯金など)及び借入金残高(住宅ローンなど)等)
  • 世帯に関する事項(世帯構成、世帯員の就業・就学状況、現住居の状況等)

調査の方法

神奈川県知事が任命した調査員が、調査対象世帯に調査票を配布することにより行います。調査票の提出は、インターネット回答や調査員への提出により行います。

  • 調査員は必ず「調査員証」を携帯しています。
  • 政府の統計調査を装った、かたり調査にご注意ください。
  • 御回答いただいた個人情報は、統計法により厳重に保護されます。
  • 調査への回答内容を統計作成のための目的以外に使用することは絶対にありません。

調査結果の活用

調査の結果は、年金額の検討、介護保険料の検討、生活保護の検討、税制改正に伴う政策効果予測、所得・資産格差の現状把握などに活用されます。

(情報公開日:令和元年7月24日)

関連ページ

関連キーワード検索

家計 家計簿 統計調査 統計 

情報発信元

行政経営課統計調査係

(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2180
ファックス番号 046-225-3732
0600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。