ページID:P045613

地域包括ケア市民講演会「最期まで 自分らしく」を開催します。

最終更新日 2019年9月2日(月曜日)

印刷

 本市では、「誰もが住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができる地域包括ケア社会」を目指して取り組んでいます。

 今回は、その取組の一つとして、在宅での最期の迎え方と看取りに対する理解を深めるための講演会を開催いたします。

 第1部の講師には、「平穏死」に関する数々の著書が話題の石飛幸三先生をお呼びし、第2部では、厚木で医療や介護を支える専門職の皆さんと石飛先生とが、地域の実態に迫った内容の対談を繰り広げます。

 ぜひ、お気軽にご参加ください。

 

 本当に豊かな老後とは・・・自分らしい最期について考えてみませんか。

1 日時

令和元年11月22日(金曜日)13時30分から16時まで(予定)

2 場所

厚木市文化会館 大ホール(厚木市恩名1丁目9-20)

3 内容

第1部(特別講演)13時30分から14時45分まで

「穏やかな最期を迎えるために -平穏死のすすめ-」

第2部(パネルディスカッション)15時から16時まで

「最期まで自分らしく生きる -石飛幸三×厚木の医療・介護-」

4 講師

第1部

 石飛幸三 先生(特別養護老人ホーム芦花ホーム医師)

第2部

 パネリスト・石飛幸三 先生

 パネリスト・金城謙太郎 先生(帝京大学医学部附属病院救急医学講座総合診療科教授)

 パネリスト・又木京子 先生(社会福祉法人藤雪会理事長)

 パネリスト・中島ルミ 先生(株式会社イノベイションオブメディカルサービス スマイルサポート管理者)

 パネリスト・安藤亮一(厚木市福祉部長)

 コーディネーター・後藤純 先生(東京大学高齢社会総合研究機構特任講師)

5 対象

厚木市民および近隣市町村民 1,400人。

申込者が定員を超えた場合は、厚木市民を優先します。

6 申込み

  令和元年10月31日(木曜日)までに電話またはメール、ファックス、ハガキに住所、氏名、連絡先、申込人数を書き、福祉総務課(地域包括ケア推進担当)にお申し込みください。

(注意事項)マイタウンクラブによるお申込みも可能です。講座番号192406(新しいウィンドウを開きます)

7 参加費

無料

(公開日:令和元年9月1日)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

色付の日はイベント開催日です。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

高齢者 地域包括ケア 医療 介護 医療福祉 

情報発信元

福祉総務課地域包括ケア推進担当

(市役所第二庁舎2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2047
ファックス番号 046-221-2205
1900-08@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。