ページID:P049228

通電火災に注意してください!

最終更新日 2020年7月21日(火曜日)

印刷

「通電火災」とは…

 通電火災とは、地震や風水害等の影響により停電が発生し、電気が復旧することによって発生する火災です。

 近年では、東日本大震災や台風など、自然災害の二次災害として多くの発生事例が報告されており、通電火災の出火防止対策に関心が高まっているところです。

制服姿の消防士

地震や風水害等が発生し、停電した場合は…

1 停電中は電気機器のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから離脱してください。

2 停電中に自宅等を離れる際はブレーカーを落としてください。

3 再通電時には、漏水等により電気機器等が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。

4 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも、壁内配線の損傷や電気機器内部の故障により、再通電から長時間経過した後、火災に至る場合があります。煙が発生するなど、異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してください。

 ブレーカーオフ

関連ページ

関連キーワード検索

火災予防 火事 風水害 地震 

情報発信元

予防課

〒243-0003 厚木市寿町3-4-10(消防本部2階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-223-9371
ファックス番号 046-223-8251
6500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。