緊急事態宣言について

更新日:2021年09月13日

公開日:2021年04月01日

緊急事態宣言が延長されました

令和3年9月9日、神奈川県に発令されている緊急事態宣言の延長が決定しました。
期間:令和3年8月2日から9月30日

詳細は、神奈川県のホームページをご確認ください。

恐ろしいデルタ株が流行中 あなたのマスクは正しく機能していますか

措置の内容

市民の皆様へ

下記の事項について、ご協力をお願いいたします。

  • 生活に必要な場合を除く外出自粛の要請
    外出する必要がある場合は、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で
  • 時短を要請している時間以降の飲食店の利用の自粛
  • 感染対策が徹底されていない飲食店の利用自粛
  • 路上での飲酒(いわゆる路上飲み)やホームパーティー等をしない
  • 飲食をする場合には、昼夜を問わずマスク飲食の実践、短時間・少人数の徹底、MASKを含む基本的な感染防止対策等の徹底
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」、在宅勤務、時差出勤などの周知の徹底

(注意事項)生活に必要な場合とは 
医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な出勤・通学、自宅近隣における屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの

(注意事項)MASKとは
Mは適切なマスク着用
Aはアルコール等で消毒
Sはアクリル板等でしゃへい、接触はショートタイム
Kは距離と換気

市の対応について

公共施設の時短開館
開館等時間 屋内は原則休館
期間 8月7日から9月30日まで

 

イベントの開催制限
神奈川県のまん延防止等重点措置
・緊急事態宣言期間(9月30日まで)
期間終了後(10月1日以降)
上限5,000人かつ収容率50パーセント以下で開催
また、市主催事業は延期または中止
感染状況等を踏まえ、別途調整

 

事業者の皆様へ

神奈川県より、下記の事項が要請されています。

  • 酒類(持込み含む)又はカラオケ設備を提供する飲食店等カラオケ店について休業要請
  • 酒類(持込み含む)又はカラオケ設備を提供しない飲食店等について、20時までの時短営業
  • マスク飲食やアクリル板の設置など、基本的な感染防止対策の徹底
  • 措置区域内における1,000平米を超える大規模な集客施設について、20時までの時短営業の要請、県内全ての集客施設について、入場制限入場整理の徹底
  • 在宅勤務の徹底従業員に対して会食の自粛や不要不急の外出自粛などの働きかけ

詳細は、神奈川県のホームページをご確認ください。 

緊急事態宣言とは

改正新型インフルエンザ対策特別措置法(特措法)に基づく首相が発令する宣言です。
宣言を出す際には、(1)国民の生命・健康に著しく重大な被害を与える恐れがある(2)全国的かつ急速なまん延により国民生活・国民経済に甚大な影響を及ぼす、あるいはその恐れがある――の2要素が認められる必要があります。
宣言は、首相が対象地域や期間(延長含めて最長3年)を指定して発令されます。対象となった都道府県の知事は、住民に対して外出自粛の要請や、学校等の人が集まる施設の使用の制限、仮設病院を設置するための土地収用等が可能となります。
【緊急事態宣言のイメージ】

緊急事態宣言イメージの図

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 健康長寿推進課 健康医療係
〒243-0018
厚木市中町1-4-1(保健福祉センター1階)
電話番号:046-225-2174
ファックス番号:046-224-8407

メールフォームによるお問い合わせ