まん延防止等重点措置について

更新日:2021年05月10日

公開日:2021年04月17日

「まん延防止等重点措置」の実施区域に指定されています

令和3年4月16日、神奈川県は「まん延防止等重点措置」区域に指定されたことに伴い、重点措置を実施する区域に横浜市、川崎市、相模原市を指定しました。

令和3年4月24日、実施区域に、鎌倉市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市が、
令和3年5月7日に横須賀市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、伊勢原市、葉山町、寒川町が追加されました。期間は5月31日までとなっています。

詳細は、県のホームページをご確認ください。

措置の内容

市民の皆様へ

下記の事項について、ご協力をお願いいたします。

  • 生活に必要な場合を除く外出自粛の要請
  • 生活に必要な場合を除く都道府県をまたぐ移動の自粛
  • 時短を要請している時間以降の飲食店の利用の自粛
  • 感染対策が徹底されていない飲食店の利用自粛
  • 路上での飲酒(いわゆる路上飲み)をしない
  • 昼夜を問わずマスク飲食の実践
  • 感染リスクが高まる「5つの場面」、在宅勤務、時差出勤などの周知の徹底

(注意事項)生活に必要な場合とは 
医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な出勤・通学、自宅近隣における屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なもの

市の対応について

  • 公共施設の時短開館
開館等時間 屋内屋外共に20時まで
期間

4月28日から5月31日まで

  • イベントの開催制限
神奈川県の重点措置期間(5月31日まで) 期間終了後(6月1日以降)
上限5,000人かつ収容率50パーセント以下で開催
また、市主催事業は延期または中止
感染状況等を踏まえ、別途調整

事業者の皆様へ

神奈川県より、下記の事項が要請されています。

  • 飲食店等について、20時までの時短営業、酒類・カラオケ設備の提供の終日停止(利用者による酒類の店内持込みを含む)
  • 措置区域内における1,000平米を超える大規模な集客施設について、20時までの時短営業、県内全ての集客施設について、入場制限入場整理の徹底
  • マスク飲食やアクリル板の設置など、基本的な感染防止対策の徹底
  • 在宅勤務の徹底従業員に対して会食の自粛や不要不急の外出自粛などの働きかけ

詳細は、県のホームページをご確認ください。 

まん延防止等重点措置とは

「まん延防止等重点措置」は、国民生活への影響が特に大きい緊急事態宣言を発出するような事態とならないよう、都道府県知事が期間、区域、業態を絞った営業時間変更等の措置を講じ、感染拡大を抑えるための制度です。

対象の都道府県では、知事が区域を定めて、

  • 飲食店における20時までの営業時間短縮要請
  • 都府県全体でのイベントの人数制限
  • アクリル板の設置を含めたガイドラインの遵守の徹底
  • 感染拡大地域におけるモニタリング検査の拡充
  • 高齢者施設等の従業員等に対する検査の頻回実施

等の取組みを行います。

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違い

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 健康長寿推進課 健康医療係
〒243-0018
厚木市中町1-4-1(保健福祉センター1階)
電話番号:046-225-2174
ファックス番号:046-224-8407

メールフォームによるお問い合わせ