ページID:P013040

厚木市観光協会推奨観光みやげ品

最終更新日 2012年9月21日(金曜日)

印刷

厚木市観光協会推奨観光みやげ品
厚木市観光協会推奨観光みやげ品

かりやのかんと・とうふ地蔵、三色ピーナッツ

ピーナッツのオノヅカ。創業から60年、厚木名産ピーナッツを使ったお菓子の専門店。自然の風味を生かした三色ピーナッツは後を引く美味しさ。かりやのかんと 、とうふ地蔵は、オリジナルの工夫を凝らした美味しさが魅力です。 
販売店:小野塚商店 所在地:厚木市栄町2-10-6 電話:046-221-0409

鮎せんべい・崋山・鮎もなか

創業天明元年(江戸時代)現在8代目の厚木きっての老舗です。鮎せんべい、崋山、鮎もなかなど、昔から多くの方に喜ばれている銘菓が多数あります。
販売店:菊屋政房 所在地:厚木市東町1-13 電話:046-221-0009

あつぎの里

あつぎの里は、黄味あんの中に、一粒栗を使用したシンプルかつ誰にでも親しまれる味です。ふんわりとした手作りの味は、喜月の自然にこだわった味わいです。
販売店:喜月 所在地:厚木市泉町4-12 電話:046-228-0397

愛甲三郎羊羹・栗っ娘

鎌倉時代の石弓の名人にちなんで愛甲三郎羊羹、栗っ娘など、歴史と自然に育まれた銘菓をモットーに美味しさを追求しています。
販売店:幸月堂 所在地:厚木市愛甲1042-1 電話:046-228-1941

香魚

味・香・姿の三拍子揃った「鮎」をモチーフに、銘菓香魚を丹精込めて作り上げました。味・香りはもとより、風格を損なわぬよう、特別に吟味製造している一品です。
販売店:新光堂 所在地:厚木市幸町8-6 電話:046-228-0566

活鮎・鮎の甘露煮

漁協ならではの活魚や焼鮎が代表的なみやげ品として人気を集めていますが、中でも鮎の甘露煮は、厳選した鮎を素焼きし、風味を逃さず、じっくりと煮込んだやわらかさが自慢の一品です。
販売店:相模川第二漁業組合 所在地:厚木市三田1927 電話:046-241-2535

はたののすっとん漬

その昔、荻野山中藩で催しがあった時に、困った料理人が、近くの山で獲れた猪肉に味噌を塗って焼いて出したところ、大変好評を得たというエピソードが起源の豚肉の味噌漬けです。
販売店:波多野商店 所在地:厚木市東町6-16 電話:046-221-0068

鮎の塩焼きせんべい・若鮎あられ

昭和4年創業、伝統の米菓子屋の三河屋のおせんべい。うそのない手作り、うまいものをモットーに、鮎の塩焼きせんべい、若鮎あられなど多くのみやげ品があります。
販売店:三河屋 所在地:厚木市幸町8-2 電話:046-228-0623

鮎土鈴

炉懐石料理と8,000点の郷土玩具が展示されている泊まれる美術館アツギミュージアムの鮎土鈴。郷土玩具のおみやげとして、存在感、質感もある鮎土鈴はいかがでしょうか。
販売店:アツギミュージアム 所在地:厚木市飯山1006 電話:046-241-4018

なし・ぶどう

もぎとり即売会は、8月中旬から9月中旬まで市内各地の生産農家で開催。恵まれた自然環境のおかげで、甘くて美味しく、ぶどうの品種は巨峰、ピオーネなどが中心。なしは、幸水、豊水など。
問い合わせ:JAあつぎ 所在地:厚木市水引2-10-38 電話:046-221-2273

関連キーワード検索

みやげ 土産 

情報発信元

観光振興課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎8階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2820
ファックス番号 046-223-0174
3850@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。