令和2年度 厚木市青少年問題協議会 会議録(令和2年6月25日開催)

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

会議概要

会議主管課

青少年課

会議開催日時

令和2年6月25日(木曜日)
午後1時30分から午後2時50分まで

会議開催場所

  あつぎ市民交流プラザ  amyuスタジオ(アミューあつぎ7階)

出席者

厚木市青少年問題協議会委員14人、こども未来部部長、青少年課長、青少年育成係長、同副主幹

説明者

青少年課長

 会議の経過は、次のとおりです。

1 開会

 青少年課長

2 あいさつ

 会長

副会長の選出について

 委員の互選により、曽田教育長が副会長に選出されました。

3 案件

(1)講話

  • 演題 「非行と児童虐待 から児童相談所での支援から」
  • 講師 神奈川県厚木児童相談所子ども支援第一課長 新納拓爾氏
  • 内容 児童相談所の概要、児童相談所における非行相談、児童自立支援施設での支援、非行の背景にあるもの、児童自立支援施設にいる子どもたちの思い等について

(議長)
 委員の皆様から新納様へ御質問がありましたらお願いします。
(委員)
 施設に入所してから退所までには、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。
(講師)
 児童自立支援施設の場合、施設ごとでかなり異なります。国立の施設など入所期間は概ね1年半から2年位でしょうか。ただその期間だけでは、問題が解決しないお子さんが増加しており、2年以上かかってしまうお子さんも中にはいます。
 また、施設によっては長きにわたって受け入れているところもあります。
(委員)
 新型コロナウイルスの影響で学校が休校になるなどの事態がありましたが、こういう状況の中で何か変化することはありましたか。
(講師)
 1月から3月までは、虐待の通告の件数は増えています。
 また、通告の件数は、4月、5月については、過去最高であった昨年度と比べると減っていますが、一昨年度よりは多い状況です。

(2)情報交換

(議長)
 情報交換といたしまして、子どもの問題行動について各団体等から、関係した事例や取り組みなどがありましたら発表をお願いします。
(委員)
 新型コロナウイルスは収束していないが、小・中学校が始まったため、地域からの要望もあり、自治会や関係団体などで見守り活動が始まっています。普通の状態が少しずつ戻ってきているといった印象を受けます。
(委員)
 学校では、現在、子供たちに掃除をさせることができません。そのため、先生方が清掃を行っていますが、校庭や校舎全体の清掃のほか部活等に労力を削がれ、先生方も既に限界にきているような印象を受けます。こうしたことは、子どもたちを教育する上でも大きな支障となるので、小鮎地区では、小・中学校の清掃を地域とPTAで助け合っていく体制を構築していきたいと考えています。
(議長)
 ここにお集まりの委員の方々におかれましては、本日講話のありました青少年問題の現状を踏まえ、今後の青少年健全育成に生かしてくださるよう、お願いします。

(3)報告

(ア)令和元年度事業報告について

(議長)
 事務局から説明してください。
(事務局)
 資料2を基に説明。
 令和元年度につきましては、6月27日に青少年問題協議会を開催いたしました。内容につきましては資料2のとおりです。
9月25日に青少年育成活動推進者表彰候補者の選考委員会を開催いたしました。8月1日を基準日として3年以上にわたり、青少年育成活動を推進されている方を対象に委員の方々に選考をいただき、60人の受賞者を決定しました。この60人の皆様には、11月30日の第44回厚木市青少年健全育成大会におきまして、表彰を行いました。
11月1日は、「子供・若者育成支援強調月間」の11月に、関係団体による統一行動として街頭キャンペーンを実施しました。このキャンペーンには、関係団体の方々71人の皆様に参加いただき、のぼり旗の設置や啓発グッズを配布し、周知を図りました。以上でございます。
(議長)
 事務局から説明がありましたが、委員の皆様から補足説明などがありましたらお願いします。
(委員)
 昨年度11月30日に文化会館小ホールで、開催いたしました厚木市青少年健全育成大会において壇上に垂れ幕を設置し、問題協議会テーマであります「心のふれあいと夢を育む青少年から家庭・学校・地域の連携でから」の周知をいたしました。大会については、講演や地区活動の発表を行い、266人の参加者がありました。以上です。
(議長)
 それでは、前年度の事業報告で御質問等がありましたらお願いします。無いようですので、次に移ります。

(イ)令和2年度事業計画について

(議長)
 事務局から説明してください。
(事務局)
 資料3を基に説明。
 令和2年度につきましては、本日6月25日に青少年問題協議会を開催いたしました。
8月中旬に神奈川県青少年育成功労者表彰候補者及び神奈川県青少年育成活動推進者表彰候補者の、9月中旬に厚木市青少年育成活動推進者表彰候補者の選考委員会を開催する予定です。
 11月につきましては、内閣府が「子供・若者育成支援強調月間」と定めており、本市では、「児童虐待防止推進月間」と併せまして、11月2日に関係団体による統一行動として街頭キャンペーンを実施いたします。
 同じく11月21日は、第45回厚木市青少年健全育成大会を開催し、9月の選考委員会で受賞者として決定した方の表彰を行います。
 また、日頃の地区青少年育成活動についての活動発表を行います。以上でございます。
(議長)
 ただいま、事務局から説明がありましたが、御意見等ありますでしょうか。
(委員)
 統一行動である「街頭キャンペーン」は、各団体の連携や子ども・若者育成支援強調月間の周知を図るため、今年度も関係団体と協力し、街頭キャンペーンを盛り上げたいと思います。
(議長)
 それでは「街頭キャンペーン」は強調月間に合わせ11月2日に実施予定ですので委員の皆さん、お願いします。
 ほかに何かございますか。無いようですので、次に移ります。

(4)令和2年度表彰選考委員の選出について

(議長)
 事務局から説明してください。
(事務局)
 8月中旬と9月中旬に開催予定の表彰選考委員会ですが、昨年度は任期中ということで引き続き表彰選考委員をお願いしておりましたが、今年度の選考委員はいかがいたしましょうか。
(議長)
 事務局から、今年度の表彰選考委員の選出について説明がありましたが、いかがでしょうか。
(委員)
 事務局案に一任
(議長)
 それでは事務局案がありましたらお願いします。
(事務局)
 表彰者の推薦につきましては、各青少年関係団体に依頼をすることから、選考委員は青少年関係団体の方にお願いしたいと考えております。
 したがいまして、川田委員、熊崎委員、石澤委員、遠藤委員の4名と、公募委員も2名いらっしゃいますので、どちらか1名を選考委員に選出し、全員で5名の選考委員と考えております。
(議長)
 事務局から提案がありましたが、いかがですか。
(委員)
 異議なし
(議長)
 それでは公募委員の方で、選考委員を引き受けていただける方はいらっしゃいますか。
(委員)
 今年度は、私、袖澤がお引き受けいたしますが、市民公募は1年交代でやらせていただきたいと思います。
(議長)
 今年度の表彰選考委員は、ただ今の5名の方々にお願いいたします。
 選考委員会の日程については、後日事務局から連絡しますので、委員の皆さん、お願いします。

4 その他

 意見等無し

5 閉会

 副会長
(公開日:令和2年7月10日)

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来部 青少年課 青少年育成係
〒243-0018
厚木市中町1-1-3(厚木シティプラザ6階)
電話番号:046-225-2580
ファックス番号:046-224-9666

メールフォームによるお問い合わせ