令和2年度第1回厚木市教育委員会点検評価委員会会議録

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

会議概要
会議主管課 教育総務課
会議開催日時 令和2年6月12日(金曜日)15時00分から17時00分
会議開催場所 厚木市役所第二庁舎4階 教育委員会会議室
出席者 厚木市教育委員会点検評価委員会委員5人
(事務局)教育長、教育総務部長、学校教育部長、社会教育部長、教育総務課長、学校施設課長、学校給食課長、学校給食施設整備担当課長、学務課長、教育指導課長、教職員課長、教育研究所長、青少年教育相談センター所長、社会教育課長、スポーツ推進課長、文化財保護課長、中央図書館長、教育総務課主幹兼教育企画係長、教育総務課主査、教育総務課主事補

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況について、教育に関し学識経験を有する方の知見の活用を図りながら、点検及び評価を行うために、公募による市民の方及び学識経験者の方に委員をお願いし、厚木市教育委員会点検評価委員会を設置しています。

 会議の経過は、次のとおりです。

開会
開会時刻15時00分

  • 事務局
     ただ今から、第1回厚木市教育委員会点検評価委員会を開催します。
     本委員会の会議は、委員の半数以上の出席で成立することとなっておりますが、本日は、委員5名中5名の出席をいただいておりますので、会議が成立いたしましたことを御報告申し上げます。
     なお、本委員会は原則公開することとなっておりますが、公開としてよろしいでしょうか。
  • 全委員
     (異議なし)
  • 事務局
     ありがとうございます。それでは、ここから公開とさせていただきます。
     また、本日は傍聴者がおりませんので、あらかじめ御報告させていただきます。
     本来であれば、ここで、委員長に議事を進めていただくわけでございますが、委員長が決定するまで、事務局で進行させていただきます。
     次に、本委員会について御説明させていただきますので、資料のうち「厚木市教育委員会点検評価委員会規則」を御覧ください。
     (規則に基づき説明)
     具体的な点検評価の進め方につきましては、案件2で御説明いたします。組織運営などについての御質問はございますでしょうか。
  • 全委員
     (意見なし)
  • 事務局
     それでは、案件(1)の「委員長及び職務代理者の選出について」を議題とさせていただきます。ただ今、御説明しましたように、規則第4条第1項により、「委員長は委員の互選により定める」となっております。御意見がありましたら、お願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
  • 委員
     (事務局の提示を求める)
  • 事務局
     事務局としましては、教育現場、そして教育行政にも精通しておられる中川委員にお願いしたいと思いますが、皆様いかがでしょうか。
  • 全委員
     (異議なし)
  • 事務局                                         
     ありがとうございます。それでは、中川委員に委員長をお願いいたします。
    点検評価委員会につきましては、教育委員会に属する事務の点検及び評価について、教育委員会の諮問に応じて審議を行っていただくこととなっております。
     つきましては、厚木市教育委員会を代表し、曽田教育長から、諮問をさせていただきます。
  • 教育長
     (厚木市教育委員会主要事業の点検及び評価について諮問)
  • 委員長
     確かに承りました。この諮問に対して、委員の皆様の御協力をいただきながら、答申に向けて努力いたします。
  • 事務局
     ありがとうございました。それでは、中川委員長に就任の御挨拶をお願いいたします。
  • 委員長
     (就任挨拶)
  • 事務局
     ありがとうございました。ここからは委員長に議長をお願いし、議事を進めていただきたいと存じます。
  • 委員長
     それでは、案件(1)の「職務代理者の選出について」ですが、規則上、委員長の指定となっていますので、臼井委員を指定させていただきたいと思いますが、皆様御了承をお願いします。
  • 全委員
     (意見なし)
  • 委員長
     それでは、職務代理につきましては、臼井委員にお願いいたします。
     続いて、案件(2)の「令和2年度教育委員会点検及び評価について」の説明を事務局からお願いします。
  • 事務局
     (案件2令和2年度教育委員会点検及び評価について資料1に基づき説明)
  • 委員長
     では、次に案件3に移りたいと思います。それでは、山口教育総務部長からお願いします。
  • 教育総務部長
     (教育総務部の令和元年度主要事業について報告)
  • 委員長
     山口部長から説明をいただきましたので、御意見・御質問等がありましたら、お願いします。
  • 委員
     小学校及び中学校におけるICT化推進事業は、環境面の整備だけでなく、運用方法などの技術的な支援が必要だと考えます。
  • 学校施設課長
     現在、GIGAスクール構想の実現に向け、端末の整備については、補正予算での対応を考えています。また、令和3年度から新しくなる厚木市学校教育情報化推進実施計画の策定準備も行っています。なお、今回のように、学校が長期休業した際は、ICT化の活用が有効ですが、セキュリティの問題を今後の課題として検討していきます。
  • 学校教育部長
     ソフト面に関しては、現在eラーニングというデジタルコンテンツを活用しており、今後は動画配信も可能となる予定ですので、利用率の向上に努めていきます。
  • 委員
     PFI事業が導入された場合、給食室への影響はどうなりますか。
  • 学校給食施設整備担当課長
     現在、中学校の学校給食は、北部学校給食センターと南部学校給食センターにおいて、提供していますが、北部学校給食センターの老朽化に伴い、PFI事業の導入を進めています。なお、給食の配膳については、業務委託により行います。
  • 委員
     ICT化推進事業の課題として、情報リテラシーに関する教育を行う必要があると考えます。
  • 学校教育部長
     現在、子どもたちのインターネット活用状況は、チャットやゲームなどが9割程度を占めており、御指摘いただいたとおり、情報リテラシーについての支援を行う必要があると考えています。
  • 委員
     トイレの改修工事については、子どもの快適な学校生活に繋がるため、今後もぜひ取り組みを進めてください。
  • 委員長
     質問が無いようですので、続いて、佐藤学校教育部長から説明をお願いします。
  • 学校教育部長
     (学校教育部の令和元年度主要事業について報告)
  • 委員長
     佐藤部長から説明をいただきましたので、御意見・御質問等がありましたら、お願いします。
  • 委員
     コミュニティスクールについて、記載がないのはなぜですか。
  • 教育総務課長
     コミュニティスクールは、令和元年度の厚木市教育充実プランにおいて、主要事業として位置付けられていないため、記載がありません。
  • 委員
     今回は記載がありませんが、元気アップスクール推進事業交付金と事業の目的が同じなので、今後は関連事業として掲載したほうが良いと思います。
  • 教育総務課長
     コミュニティスクールは、現在策定中の次期総合計画の実施計画事業とするよう調整し、来年度以降は、主要事業として掲載します。
  • 委員
     登校支援推進事業は、不登校が改善された事例があり、大変感謝しています。また、外国籍児童・生徒等支援事業については、支援員の派遣が毎日ではなく、短時間であることが課題であり、十分な支援を行うためには、他市の事例にあるように、子どもたちを1か所に集めて、支援を行う方法について検討をお願いしたい。
  • 教育指導課長
     外国籍児童・生徒は増加傾向にあり、言語も多種多様であるため、支援体制に苦慮しているところです。御指摘いただいたとおり、1か所に子どもたちを集めた支援方法も検討していますが、他市の事例では、タクシーで送り迎えをするなど、子どもたちの通所に課題があると認識しています。予算の制約上、すぐに導入することは難しいですが、前向きに検討していきます。
  • 委員
     登校支援推進事業については、各地域の民生委員児童委員に協力を依頼するなど、地域による支援も考慮する必要があると思います。
  • 委員
     各学校におけるコミュニティスクールの委員の中には、民生委員の方や地域住民の方が含まれていますので、学校と地域の連携が活発となるような支援をお願いしたい。
  • 学校教育部長
     不登校となっている子どもの家庭状況によっては、地域の方に支援をお願いするには、負担が大きいと思われるケースがありますので、各々のケースに応じて支援を行いたいと考えています。
  • 委員
     青少年教育相談事業の教育ネットワークコーディネーターに関しては、具体的にどのような成果がありましたか。
  • 青少年教育相談センター所長
     昨年度1人増員となり、2名体制での対応を行いました。
  • 委員長
     質問が無いようですので、続いて、山岸社会教育部長から説明をお願いします。
  • 社会教育部長
     (社会教育部の令和元年度主要事業について報告)
  •  委員長
     山岸部長から説明をいただきましたので、御意見・御質問等がありましたら、お願いします。
  • 委員
     現在の新型コロナウイルスが蔓延している状況下において、家庭教育学級交付金の有効な活用方法について、提案があれば教えてください。
  • 社会教育課長
     現在、家庭教育学級交付金は、実施そのものについて検討しているところですが、交付金の内容の充実についても、併せて検討していきます。
  • 委員長
     あつぎ郷土博物館の来館者数について、教えてください。
  • 文化財保護課長
     昨年度の来館者は、36,500人に達しており、そのうち学校の児童・生徒の来館者は2,000人程度でした。アンケートによると、厚木市内だけでなく、市外や隣接市からの来館も多く、広がりのある来館状況となっています。
  • 委員
     郷土資料館の跡地は、将来どのようになりますか。
  • 社会教育課長
     郷土資料館は、厚木北公民館に併設されている児童館が移転する予定です。
  • 委員
     公民館の利用は、高齢者の方が多いですか。
  • 社会教育課長
     高齢者の方の多くは、昼間に利用されていますが、夜間は若い方たちがスポーツ等で利用しています。子どもたちは、子育てサロンなどの参加により、公民館を利用しています。
  • 委員
     子ども読書活動推進事業について、学校の活動の中に読書時間はありますが、より読書を身近に感じられるような支援策について検討をお願いしたいです。
  • 中央図書館長
     小学校における学級文庫の貸し出しは、昨年度は年間約20,000冊となっていますが、中学校については、貸し出し状況が少ない傾向があります。現在は、子ども読書活動啓発パンフレットや推薦図書リストの配布等を行っていますが、学校と連携しながら読書支援活動の充実を検討していきます。
  • 委員長
     スポーツ推進事業補助金及びあつぎスポーツアカデミー推進事業補助金について、成果と課題の欄に記載している指導助言とは、具体的にどのような内容ですか。
  • スポーツ推進課長
     生涯スポーツの普及・推進を実現するために、市民からの要望を受けて、厚木市スポーツ協会との連携を図りながら、事業を進めています。
  • 委員長
     他に何かありますでしょうか。
  • 全委員
     (なし)
  • 委員長
     案件についてはこれで終わります。事務局で何かあればお願いします。
  • 事務局
     (今後のスケジュールについて説明)
  • 委員長
     何か御質問等がありましたらお願いいたします。
  • 全委員
     (なし)
  • 委員長
     それでは、この後は、事務局にお願いいたします。
  • 事務局
     以上をもちまして、第1回教育委員会点検評価委員会を終了させていただきます。本日は、大変ありがとうございました。

閉会時刻 17時00分

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 教育総務部 教育総務課 教育総務係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2600
ファックス番号:046-224-5280

メールフォームによるお問い合わせ