令和2年度第2回厚木市教育委員会点検評価委員会会議録

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

会議概要
会議主管課 教育総務課
会議開催日時 令和2年6月26日(金曜日)15時00分から17時15分
会議開催場所 厚木市役所第二庁舎4階 教育委員会会議室
出席者 厚木市教育委員会点検評価委員会委員5人
(事務局)教育総務部長、学校教育部長、社会教育部長、教育総務課長、学校施設課長、学務課長、教育指導課長、教職員課長、教育研究所長、青少年教育相談センター所長、社会教育課長、スポーツ推進課長、中央図書館長、教育総務課主幹兼教育企画係長、教育総務課主事補

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律に基づき、教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況について、教育に関し学識経験を有する方の知見の活用を図りながら、点検及び評価を行うために、公募による市民の方及び学識経験者の方に委員をお願いし、厚木市教育委員会点検評価委員会を設置しています。

会議の経過は、次のとおりです。

 開会
開会時刻15時00分

  • 事務局
  • 全委員
     (異議なし)
  • 事務局
     ありがとうございます。それでは、ここから公開とさせていただきます。また、本日は傍聴者がおりませんので、あらかじめ御報告させていただきます。まず、はじめに委員長から御挨拶いただきたいと思います。
  • 委員長
     (挨拶)
  • 事務局
     委員長ありがとうございました。それでは、案件に入りたいと思います。ここからは委員長に議長をお願いし、議事を進めていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
  • 委員長
     案件(1)の「令和元年度教育委員会主要事業に対する意見等」の説明を事務局からお願いいたします。
  • 事務局
     (案件(1)令和元年度教育委員会主要事業に対する意見等について説明)
  • 委員長
     ただいま、事務局から説明がありましたとおり、学校教育部の事業について、順番に、説明をお願いします。
  • 学校教育部の各課等長
     (説明)
  • 委員長
     学校教育部の説明が終わりましたので、御質問・意見などがあればお願いいたします。なお、回答につきましては、各課等長の皆様からお願いします。
  • 委員
     新型コロナウイルスにより、学校の先生が清掃活動で疲弊しています。教育活動充実交付金を活用し、業者による清掃活動の実施を検討いただきたいです。
     また、外国籍児童・生徒等支援事業については、日本語教室を市が実施しているという情報を提供していただけるようお願いします。
  • 教育指導課長
     業者を取り入れた清掃活動については、今後検討します。また、市が日本語教室を実施している情報については、提供させていただき、より一層の連携を図っていきたいと思います。
  • 委員
     英語教育推進事業について、子どもたちが英語を話すことに対する心の壁、抵抗感を少なくできるような取組をお願いします。
  • 教育指導課長
     英語力の基礎を育てながら、ALTを活用し、英語を使ったコミュニケーション能力の育成に努めていきます。
  • 委員
     先生のための研修事業について、子どもたちが困ったときに相談しやすい先生との関係づくりや、先生の魅力向上を図るような研修はありますか。
  • 教育研究所長
     子どもたちと先生との人間関係づくりは、非常に大切であると認識しており、昨年度の研修テーマでもありました。今後は、子どもを褒めて育てていくことの重要性についても、研修テーマとして取り組んでいきます。
  • 委員
     英語教育推進事業について、授業以外の場で、英語に触れる活動はありますか。
  • 教育指導課長
     東京オリンピック・パラリンピックで市内を訪れる外国人をサポートするために、英語を学ぶ子どもたちAKG(あつぎキッズガイド)を育成する事業や、ニュージーランドへの留学体験プログラムを行うなど、授業以外でも英語を学べる機会を提供しています。
  • 委員長
     質問が終わったようなので、学校教育部の事業全体に関する意見があれば、お願いします。
  • 委員
     限られた予算の範囲内で大変とは思いますが、継続してほしい事業が多いです。ただし、前年度に課題として挙げている事項については、今年度どのように改善を図ったかを踏まえた上で、今後の取組を検討してください。
  • 委員
     教育委員会の幅広い取組については評価しており、今後も取組を継続してほしいです。
  • 委員
     点検評価を行い、取組を改善しようとする姿勢はすばらしいと感じますので、今後もその姿勢を維持してほしいです。
  • 委員
     子どもたちの多様性に対応するために、これからは個々の子どもへのサポートが必要な時代となってきています。特に、青少年の非行問題については、子どものあり方が変容しており、これまでと同じような対策を継続するのではなく、時代に沿った取組を検討してください。
  • 委員長
     これからの時代の流れに対応すべく、社会教育と学校教育の分野において、行政内の融合を図るようにお願いします。
     意見が出揃いましたので、続いて、教育総務部の事業について、順番に、説明をお願いします。
  • 教育総務部の各課等長
     (説明)
  • 委員長
     教育総務部の説明が終わりましたので、御質問・意見などがあればお願いいたします。なお、回答につきましては、各課等長の皆様からお願いします。
  • 委員
     その他意見となりますが、コミュニティ・スクールについては、コロナウイルスの影響により、各校において短時間の会議運営となり、大変かと思いますが、学校教育と社会教育の分野において、連携を図りながら、進めてほしいです。
  • 委員
     コミュニティ・スクールとPTAの違いは何ですか。
  • 教育総務課長
     PTAは任意団体ですが、コミュニティ・スクールは、法律に基づいて位置付けられた組織となります。
  • 教育総務部長
     PTAは、会員同士の振興などを目的とした組織ですが、コミュニティ・スクールは、先ほど説明があったとおり、法的な位置付けがなされた組織です。
  • 委員
     ICT化の推進に関して、子どもたちの実体験に基づく教養が身に付きにくくなっており、「知っているつもり」が氾濫していることに危機感を抱いています。
  • 学校教育部長
     委員が御指摘された課題はありますが、同時に、ICTの活用によって、子どもたちの学びが広がっていく期待感もあります。施設面での整備を進めながら、リテラシーの育成も大切にしていきます。
  • 委員長
     意見が出揃いましたので、続いて、社会教育部の事業について、順番に、説明をお願いします。
  • 教育部の各課等長
     (説明)
  • 委員長
     社会教育部の説明が終わりましたので、御質問・意見などがあればお願いいたします。なお、回答につきましては、各課等長の皆様からお願いします。
  • 委員
     中央図書館が行っているブックスタート事業は、子どもたちに読書の習慣を身に付けさせる重要な事業だと考えます。全国的に見ると、ユニークな事業を展開している自治体もありますので、研究をしながら事業の推進を図ってください。
  • 委員
     ブックスタートに関連する事業で、ボランティアの方が行っている事業はありますか。
  • 中央図書館長
     乳幼児のお子さんを対象としたボランティア事業で、把握しているものはありませんが、各地区の民生委員の方による子育てサロンの中で実施しているケースはあります。
  • 委員
     家庭教育学級交付金について、交付金の使い方がマンネリ化しているので、食育やコロナウイルスの対策など、交付金のテーマを明確にするなど、趣向を凝らしてもらえるとありがたいです。
  • 社会教育課長
     委員御指摘のとおり、マンネリ化している様子も伺えますので、今年度を良い機会と捉えて、研究してきたいと思います。
  • 委員長
     その他に何かありますでしょうか。無いようであれば、続きまして(2)のその他として事務局で何かあればお願いします。
  • 事務局
     (今後の日程について説明)
  • 委員長
     その他に何かありますでしょうか。無いようであれば、以後は、事務局にお願いいたします。
  • 教育総務課長
     委員長、ありがとうございました。それでは、以上をもちまして、第2回教育委員会点検評価委員会を終了させていただきます。本日は、大変ありがとうございました。

閉会時刻 17時15分

 ただ今から第2回厚木市教育委員会点検評価委員会を開催させていただきます。
 本委員会の会議は、委員の半数以上の出席で成立することとなっておりますが、本日は、委員5人中5人の出席をいただいておりますので、会議が成立いたしましたことを御報告申し上げます。なお、本委員会は原則公開することとなっておりますが、公開としてよろしいでしょうか。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 教育総務部 教育総務課 教育総務係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
電話番号:046-225-2600
ファックス番号:046-224-5280

メールフォームによるお問い合わせ