マイナンバー通知カードの廃止について

更新日:2021年06月30日

公開日:2021年04月01日

 令和2年5月25日に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(番号法)が改正され、マイナンバー(個人番号)の通知カードが廃止されるため、住所異動や氏名が変更された場合の新情報の追記や、紛失した場合の再発行等ができなくなります。
 なお、現在、通知カードを持っている方につきましては、令和2年5月25日時点で通知カードに記載された住所や氏名などが最新の情報である場合は、以降に引越や婚姻等で変更が生じない限りは継続して使用することができるため、必ずしもマイナンバーカードを申請する必要はありません。
 
また、番号法が施行された平成27年10月5日以降、国内に住民票を置いたことがなくマイナンバーが附番されたことが無い方や、新たに出生した方が住民登録を行い住民票が作成されるとマイナンバーが附番され通知カードが発行されますが、令和2年5月25日以降は通知カードは発行されず「個人番号通知書」によりマイナンバーが通知されます。

通知カード見本(表面)

現在お持ちの通知カードの扱いについて

 顔写真がついたマイナンバーカードを申請せずに通知カードのままお持ちの方については、通知カードの氏名や住所等が最新の住民票の情報と一致している場合は、経過措置としてお持ちの通知カードを使用し続けることができます。
 お持ちの通知カードの氏名や住所が最新の情報でない場合は、5月23日までに最新の情報を追記すれば使用し続けることができます。
 通知カードの追記については下記のページを御覧ください。

 5月25日以降に住所や氏名に変更があった場合は新情報の追記ができないため、その時点でお持ちの通知カードは失効し使用することができなくなります。
 詳しくは下記を御覧ください。

法改正に伴う通知カードの再発行受付終了について

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律が改正されることに伴い、令和2年5月25日以降通知カードの再発行受付を終了します。

通知カードを紛失した場合や通知カードが失効した場合について

 番号法が改正される5月25日以降に通知カードを紛失等した場合や、住所や氏名の変更等に伴い通知カードが失効した場合は、マイナンバーを証明する書類が必要な場面では、マイナンバーが記載された住民票の写しや住民票記載事項証明書を御請求いただくか、マイナンバーカードを申請していただく必要があります。

関連ファイル

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

市民健康部 市民課 マイナンバーカード・総合窓口整備担当
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎1階)
電話番号:046-225-2039
ファックス番号:046-223-3506

メールフォームによるお問い合わせ