ページID:P044502

木造住宅耐震補助金制度を使い易くしました

最終更新日 2019年6月7日(金曜日)

印刷

 

木造住宅耐震補助金制度とは

昭和56年以前の旧耐震基準で建築された木造住宅に対し、一般耐震診断補助《7.5万円》、耐震改修設計補助《9万円》、耐震改修工事(監理費含む。)《106万円》を補助する制度です。

今まで所有し居住している方のみを対象としていましたが、柔軟性を持たせ下のように要件を拡大しました。

  

昭和56年以前の旧耐震基準の中古住宅を購入し、改修を御検討の方のため、これから住む方に範囲を広げました(注意事項)1

  

要耐震改修空き家取得事業補助金との併用も可能(最大90万円加算)引越し

  

今ある親世帯住宅と同居し改修を御検討の方のため、親族まで範囲を広げました(注意事項)1

  

親元近居・同居住宅取得等支援事業補助金との併用も可能(最大60万円加算)大家族

  

借家人のことが心配で改修を御検討の大家さんのため、戸建ての賃貸まで範囲を広げました(注意事項)2

  

(注意事項)2:法人は除く大家と店子

 


  

(注意事項)1:条件により「要耐震改修空き家取得事業補助金」「親元近居・同居住宅改修支援事業補助金」との併用も可能です。詳しくは担当者まで。

(注意事項)2:法人は除く                

                   建築指導課建築安全係 ☎046-225-2434

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

情報発信元

建築指導課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎13階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2430
ファックス番号 046-223-0166
5700@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。