ページID:P039234

三田地区での住居表示実施について

最終更新日 2018年12月28日(金曜日)

印刷

 

 三田地区については、平成26年度に上三田、中三田第一、中三田第二自治会の3自治会から、住居表示の施行についての要望書をいただき、住居表示の実現に向け、地元自治会との調整や地域住民及び事業者の皆様を対象とした説明会の開催などを実施してきました。

 平成29年10月には、自治会からの推薦者で構成される住居表示検討委員会において検討した新町名・町割案を元に、住居表示実施予定区域内への全戸配布により、新町名・町割に関するアンケートを実施しました。
 また、住居表示検討委員会において、新町名・町割アンケートの結果を元に住居表示計画案をまとめ、平成30年1月に、新町名・町割アンケートの結果及び住居表示計画案に関する説明会を開催しました。

 平成30年8月には、厚木市住居表示審議会(公募による市民、関係行政機関及び団体の職員、学識経験者、住民自治組織の代表、実施区域内住民の代表)において、住居表示の実施について了承が得られました。

 平成30年12月には、厚木市議会において、住居表示の実施についての議案が可決され、住居表示の実施及び実施日が決定しました。住居表示の実施日は、2019年10月15日です。

住居表示とは

 住居表示とは、土地の地番(例:厚木市三田1234番地5)で表していた住所を、厚木市○○一丁目1番1号のように、町名(厚木市○○一丁目)、道路などで囲われた区画の番号である街区符号(1番)、建物の番号である住居番号(1号)の3つでの表記に変更するものです。
 土地の地番は、元々は住所を示すことを目的とした番号ではなく、人口密度が高くなり、もともとは広かった土地が細かく分割されていった現在においては、住所の表記として使用するためには、大変複雑化し、分かりにくくなってきました。
 住居表示を実施することにより、住所の混乱が解消され、目的地にたどり着くことが容易になるほか、消防や警察への通報の際、住居表示板などを見ることで、現在地を正確に伝えることができるメリットがあります。
 このため、厚木市においても、昭和40年の緑ケ丘地区、中心市街地をはじめとして住居表示の実施を進めており、平成28年10月の下依知地区での実施により、市街化区域の約56%で住居表示を実施しています。

住居表示での住所の表し方の例

住居表示の表し方

住居表示の実施に係る経過

 三田地区での住居表示の実施については、厚木市住居表示整備事業計画(本厚木駅を起点とし、市街化区域での住居表示を放射状に整備する計画)に基づき、実施に向けた調査・検討を行ってきました。 

実施年月 内容
平成26年(2014年)4月 上三田、中三田第一、中三田第二自治会の3自治会から、住居表示の実施についての要望書を受理
平成26年12月 上三田、中三田第一、中三田第二自治会の3自治会と、勉強会を開催(出席者:107名)  
平成28年(2016年)6月 厚木市住居表示整備事業計画(本厚木駅を起点とし、市街化区域での住居表示を放射状に整備する計画)に合致するため、上三田、中三田第一、中三田第二自治会の3自治会と、住居表示の実施に向けた調整を開始
平成28年8月 住居表示の予定範囲を検討するため、三田地区住居表示予備調査を開始
平成29年(2017年)1月 上三田、中三田第一、中三田第二自治会の役員を対象に、住居表示の予定範囲について説明会を実施(出席者:100名)
平成29年5から6月 中三田第一、中三田第二自治会の2自治会に、住居表示の予定範囲について説明会を実施(出席者:65名)
平成29年6月 住居表示の実施に向け、三田地区住居表示基礎調査を開始
平成29年6月 住居表示予定範囲の事業者(37社)に個別訪問を実施
平成29年7月 住居表示概要資料及び説明会開催案内を配布(1,788枚)
平成29年8月 住居表示の制度、計画予定範囲に関する説明会を2回開催
平成29年9月 三田地区住居表示検討委員会を開催し、新町名・町割案の作成及びアンケート内容を検討
平成29年10月 新町名・町割に関するアンケートを実施(1,806枚)
平成29年11月 三田地区住居表示検討委員会を開催し、新町名・町割に関するアンケートの結果を元に、住居表示計画案を作成
平成30年(2018年)1月 新町名・町割に関するアンケート結果と住居表示計画案に関する説明会を2回開催
平成30年8月 厚木市住居表示審議会(公募による市民、関係行政機関及び団体の職員、学識経験者、住民自治組織の代表、実施区域内住民の代表)に、住居表示の実施について了承を得られる。
平成30年8月 住居表示の実施案(町の区域の設定及び字の廃止の案)を告示
平成30年12月 厚木市議会において、住居表示の実施についての議案が可決され、住居表示の実施及び実施日が決定する。(実施日:2019年10月15日)

新町名・町割に関するアンケートの結果について

 平成29年10月に、自治会からの推薦者で構成される住居表示検討委員会において検討した新町名・町割案を元に、住居表示実施予定区域内への全戸配布により、新町名・町割に関するアンケートを実施しました。
 アンケートの結果につきましては、次のグラフのとおりとなりました。

 アンケート結果(新町名)

 アンケート結果(町割)

三田地区住居表示計画

 新町名・町割に関するアンケートの結果を元に、三田地区住居表示検討委員会において、三田地区住居表示計画(案)を作成しました。
 計画(案)は、アンケートで最も回答数の多かった新町名と町割を組み合わせ、新町名を「三田」、東西方向の道路で3つの町に分ける町割とし、本厚木駅に近い南側から順に、三田一丁目、三田二丁目、三田三丁目としています。

住居表示計画案

今後の予定

今後の予定

住居表示実施日

 2019年10月15日に決定しました。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

情報発信元

まちづくり指導課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎13階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2420
ファックス番号 046-223-0166
5900@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。