ページID:P001263

中心市街地の空き店舗への出店を支援します

最終更新日 2018年4月13日(金曜日)

印刷

空き店舗情報を提供し、元気な店舗の開店を支援します。

 市内の空き店舗情報を収集し、市ホームページなどで、最新情報を広く提供します。さらに、その空き店舗のうち、本厚木駅周辺の中心市街地で、空き店舗を利用して新たに開店する事業者に、改装費と家賃の一部を補助します。

中心市街地商店街空店舗対策事業(空き店舗出店支援事業)

 中心市街地の空き店舗を賃貸借して、新たに小売業、飲食業又はサービス業などを営もうとする元気な事業者に、改装費と家賃の一部を補助します。
 申請後、審査会を開き、中心市街地活性化への貢献の観点から事業内容や収支計画等を総合的に審査し、補助金の交付を決定します。(審査会は年4回(6月、9月、12月、3月)開催予定) 

対象となる店舗

 本厚木駅周辺の商業地域を中心とする100ヘクタール内にある空き店舗で、次のいずれかに該当するものを対象とする。

  • 前入居者の営業終了日又は賃貸借契約終了日から3か月以上経過しているもの。
  • 新築又は増築した店舗で、当該建物の保存登記をした日から3か月以上経過しても、なお利用されていないもの。

主な補助の要件 

  • 対象の空き店舗を借りて出店(事務所又は事業所の用に供する場合は地上2階部分以上のものに限る。)することが決定、若しくは確実であり、積極的かつ継続して事業を営む意思があること。開店後1か月以上3か月以内に申請が必要です。 
  • 中小企業基本法第2条に基づく中小企業者であること。
  • 空き店舗所有者及び管理者の親族でないこと。
  • 業種は卸売業、小売業、金融業、保険業、不動産業、物品賃貸業、学術研究、専門・技術サービス業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業、教育、学習支援業、医療、福祉、複合サービス事業、サービス業(他に分類されないものに限る)であること。(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」第2条に定める業種を除く。)。
  • 土・日曜日も営業するとともに、営業時間が夜間のみでなく、正午から午後2時までの時間帯を含めること。
  • 店舗がある商店会に加盟し、商店街活動に参加できること。
  • 市区町村民税に滞納がないこと。
  • 必要な免許や許可を既に持っている又は取得が確実であること。
  • 中心市街地100ヘクタール内の店舗移転ではないこと。

補助の種類、対象経費

  • 家賃補助
    家賃の2分の1以内(月額5万円)を限度とし、12箇月以内)で店舗部分に限る。
  • 改装費補助
    改装費の2分の1以内(50万円を限度)で、内装、外装、空調、水回り設備等にかかる費用

     

 中心市街地商店街空き店舗情報

 不動産業者やビル所有者の方の協力により、空き店舗の情報を提供しています。
 空き店舗の情報は、関連ページの中心市街地空き店舗情報をご覧ください。
 中心市街地100ヘクタール内 に位置している店舗にはマークを付けています。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

開店 にぎわい 中心市街地 店舗 空き店舗 

情報発信元

商業にぎわい課商業振興係

〒243-8511 厚木市中町3-17-17 第二庁舎8階
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2834
ファックス番号 046-223-7875
3800@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。