ページID:P000489

区域区分(市街化区域及び市街化調整区域)

最終更新日 2019年9月13日(金曜日)

印刷

 市街化区域と市街化調整区域との区域区分、いわゆる線引き制度は、無秩序な市街地の拡大を防ぎ、効率的な公共投資及び計画的な市街地の形成を図るために都市計画区域を区分する、都市計画における基本的な制度です。

 この制度は、昭和44年施行の新都市計画法により設けられたもので、本市においては、首都圏整備法で規定する「近郊整備地帯」に指定されていることから、この制度が適用され、昭和45年6月10日に市街化区域(2,517ヘクタール)と市街化調整区域(6,767ヘクタール)に区分(線引き)されました。

 その後、計画的な市街地整備の見通しや公共施設の整備状況を踏まえて、おおむね5年ごとの都市計画基礎調査の結果で行われている定期的な見直しや、土地区画整理事業等の着手が明らかになった地区を市街化区域に編入する変更が行われています。 

 現在、市街化区域は約3,201ヘクタール、市街化調整区域は約6,183ヘクタールとなっており、行政区域(約9,384ヘクタール)の約3分の1が市街化区域です。

  • 市街化区域は、既に市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域です。
  • 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域です。
区域区分(市街化区域及び市街化調整区域)の変遷
告示(変更)年月日
(告示番号)
市街化区域面積
(ヘクタール)
市街化調整区域面積
(ヘクタール)
合計
(ヘクタール)
備考
昭和45年6月10日
県告示第502号
2,517 6,767 9,284 当初線引き
昭和52年3月30日
県告示第250号
2,541 6,745 9,286 都市計画区域の変更及び
上荻野ほか2地区約24ヘクタールの編入
昭和54年3月30日
県告示第238号
3,004 6,282 9,286 第1回見直し
昭和59年12月25日
県告示第1081号
3,019 6,267 9,286 第2回見直し
昭和62年2月10日
県告示第92号
3,028 6,258 9,286 三田山王上地区約9ヘクタールの編入
平成元年7月14日
県告示第632号
3,037 6,249 9,286 小野宝蔵山地区約9ヘクタールの編入
平成元年7月14日
県告示第633号
3,037 6,249 9,286 都市計画区域の海老名市との分離
平成元年11月21日
県告示第997号
3,102 6,184 9,286 上荻野地区約35ヘクタール及び
林地区約30ヘクタールの編入
平成2年12月25日
県告示第1088号
3,102 6,281 9,383 第3回見直し
平成6年6月10日
県告示第528号
3,102 6,281 9,383 「整備、開発及び保全の方針」の変更
平成9年3月28日
県告示第236号
3,103 6,280 9,383 第4回見直し
平成13年11月20日
県告示第797号
3,103 6,280 9,383 第5回見直し
平成21年9月18日
県告示第475号
3,103 6,280 9,383 第6回見直し
平成26年11月28日
県告示第590号
3,173 6,210 9,383 下古沢上古沢地区約70ヘクタールの編入
平成28年11月1日
県告示第519号
3,173 6,211 9,384 第7回見直し
令和元年9月13日
県告示第188号
3,201 6,183 9,384 南部産業拠点(酒井地区)約28ヘクタールの編入

 

関連ページ

関連キーワード検索

区域区分 市街化調整区域 市街化区域 線引き 

情報発信元

都市計画課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎12階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2401
ファックス番号 046-222-8792
4600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。