【陳情第9号】少人数学級を速やかに実施することを求める意見書を国に提出することを求める陳情

更新日:2021年04月01日

公開日:2021年04月01日

陳情第9号 令和2年8月31日受理
議決結果 令和2年10月6日不採択

件名

少人数学級を速やかに実施することを求める意見書を国に提出することを求める陳情

陳情者

厚木市水引二丁目7番8号
新日本婦人の会厚木支部
支部長 檜山千里

付託委員会

環境教育常任委員会

陳情の趣旨

新型コロナウイルスの影響で2月末に全国一斉休校の要請が出され、厚木市では3月から休校となりました。一斉休校を経て、その後分散登校や時差登校など感染対策に注意しながら学校生活が再開されました。
再開してからも子どもや保護者・先生などは、不安を感じています。40人学級では子どもの感染を防ぐための身体的距離も取れません。これから子どもたちへ必要となるケアや、学習の遅れへの対応も、現行の人数のままでは難しいと思います。
今回の分散登校中の少人数授業で一人一人の顔がよく見えること、授業がよく分かるということを教師も子どもも実感しました。全国知事会会長・全国市長会会長・全国町村会会長の連名で『新しい時代の学びの環境整備に向けた緊急提言』(7月3日)の中でも少人数学級の実施を求めています。
私たちは次のことを求めます。

陳情の項目

少人数学級を速やかに実施することを求める意見書を国に提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局 議会総務課 議事調査係
〒243-8511
厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎5階)
電話番号:046-225-2701
ファックス番号:046-223-9535

メールフォームによるお問い合わせ