ページID:P047789

新型コロナウイルスに便乗した犯罪にご注意ください

最終更新日 2020年7月13日(月曜日)

印刷

 新型コロナウイルスに便乗した犯罪に気をつけましょう

 児童の防犯について

 

 知らない人が来ても玄関を開けない

 水道工事業者や宅配便業者になりすまし、ガス漏れ、水漏れなどの緊急時を装い、子どもにドアを開けさせて押し入るケースが想定されますので、玄関や1階の窓だけでなく、2階や小さな窓の戸締りもし、子どもだけの時は、知らない人が来てもドアを開けさせないことを徹底させましょう。

 あらかじめ訪ねてくる人が分かっている場合は、玄関を開けて対応してもいい人は誰なのかしっかり子どもに伝えましょう。

 電話は留守番電話設定にする

 セールスなどになりすまし、「両親に代わってもらえますか」などと言い、保護者の在宅を確認し、子どもだけで留守番していることが分かったら、家に侵入するなどの犯罪手口がありますので、留守番電話に設定し、電話に出ないようにしましょう。

 もし子どもが電話に出てしまった場合は、「両親は手がふさがっていて電話に出られません」など、保護者が不在であることが分からないように答えるよう、子どもに教えましょう。

 愛の目運動について

 子どもの安全を守るためには、子どもだけの状態にならないようにするための活動が必要とされています。

 散歩やジョギング、犬の散歩、買い物などをしている時も、防犯の視点を持って子どもたちの見守りを行い、子どもたちに「こんにちは」などのあいさつをする愛の目運動にご協力ください。

かけこみポイントについて

 厚木市では、子どもたちが、犯罪に巻き込まれそうになった時に安心して避難できる緊急避難場所として、市民等のご自宅や、店舗等をかけこみポイントとして登録しております。

 子どもだけでやむを得ず外出する場合や、遊んでいる時などに不審者による犯罪に巻き込まれそうになったら、かけこみポイントの表示がある所にすぐに避難しましょう。

かけこみ

 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意ください          

 「マスクを無料で送付する」などといった新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。

 身に覚えのないSMSやメールが届いたら、URLはクリックしないことが大切です。不安に感じたら、すぐに厚木市消費生活センター(消費生活相談:046-294-5800)へご相談ください。

 また、厚生労働省等を装い、「費用を肩代わりするので検査を受けるように」などと言い、個人情報を聞き出そうとする事例もあります。厚生労働省からご家庭にこのような電話をすることはありませんので、ご注意ください。

 なお、新型コロナウイルスを口実にした悪質な事例を、国民生活センターで被害未然防止のために紹介しています。詳細は、関連ページの「国民生活センターHP」をご覧ください。

関連ページ

関連キーワード検索

消費 新型 コロナ ウイルス 便乗 悪質商法 マスク 犯罪 防犯 防犯情報 かけこみポイント 

情報発信元

セーフコミュニティくらし安全課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17 市役所第2庁舎3階
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2865
ファックス番号 046-221-0260
3500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。