ページID:P040271

炊飯器や電気ケトル等による、乳幼児のやけど事故に御注意ください    -使用環境に注意し、安全に配慮された製品で事故防止を-

最終更新日 2020年2月28日(金曜日)

印刷

 消費者庁には、平成22 年12 月から平成29 年10 月までに、医療機関ネット
ワーク事業1の参画医療機関から、子ども(0歳から14 歳)の炊飯器や電気ケトル
等によるやけど事故に関する情報が計375 件寄せられています。
 炊飯器や電気ケトル等による、乳幼児を中心とした子どものやけど事故を防
止するため、保護者の皆様は主に以下のことに注意しましょう。
(1)高温の蒸気や転倒して熱湯に触れるおそれのある、炊飯器や電気ケトル
   等の製品は、乳幼児の行動範囲で使用しないようにしましょう。
(2)これらの製品を使用する場所に乳幼児が立ち入らないよう、ベビーゲー
   トを置くなど安全対策を実施しましょう。
(3)電気ケトル等は、乳幼児の力でも転倒するおそれがあります。容器内には
   熱湯が入っていることを忘れずに注意しましょう。
(4)蒸気が出ない、炊飯中にふたが開かない等の機能のある炊飯器が販売さ
   れています。また、Sマーク4が付いている電気ケトルや電気ポットは、
   転倒時に湯こぼれしにくい構造となっています。事故を未然に防ぐために、
   これらの安全に配慮された製品を選ぶようにしましょう。

関連ページ

情報発信元

セーフコミュニティくらし安全課消費生活センター

(厚木商工会議所4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2155
ファックス番号 046-294-5801
3500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。