ページID:P040634

豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!

最終更新日 2020年2月28日(金曜日)

印刷

豆やナッツ類を誤嚥して、気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります。

 消費者庁には、平成22 年12 月から平成29 年12 月末までに、医療機関ネットワーク事業1の参画医療機関から、豆やナッツ類(例えば、大豆、ピーナッツなど)を原因とする子ども(14 歳以下)の誤嚥事故が、27 件報告されています。そのうち20件を3歳未満の事故が占めています。奥歯が生えそろわず、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではなく、気道も狭い子どもが豆やナッツ類を食べると、気道に入って気管支炎や肺炎を起こしたり、窒息したりするおそれがあります。
 豆やナッツ類の誤嚥は、事故報告件数は多くないものの、入院を要する例が16 件と全体(27 件)の約6割を占めています。

関連ページ

情報発信元

セーフコミュニティくらし安全課消費生活センター

(厚木商工会議所4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2155
ファックス番号 046-294-5801
3500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。