ページID:P043507

冬季に多発する入浴中の事故に御注意ください!

最終更新日 2018年11月30日(金曜日)

印刷

 消費者庁では、高齢者の事故防止の取組を進めるため、厚生労働省「人口動態調査」の調査票情報及び東京消防庁「救急搬送データ」を基に高齢者の事故の状況について分析を行いました(別添参照)。
 高齢者の事故のうち、「不慮の溺死及び溺水」による死亡者は、年々増加傾向にあります。これらの多くは「家」、「居住施設」の「浴槽」における入浴中の事故であり、11月から3月の冬季に多く発生しています。これから寒くなる季節は、特に注意が必要です。
 入浴中の事故は、持病がない場合、前兆がない場合でも発生するおそれがあります。特に高齢者の入浴中の事は、発生すると入院が必要な中等症以上になる割合が非常に高く、事故の予防が重要です。そのためには、高齢者の方本人が注意するとともに、家族の方など周りの方も一緒になって事故を防止することが大切です。
 入浴中の事故を防止するために、特に以下の点について確認しておきましょう。
(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
(2)湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。
(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
(4)食後すぐの入浴、またアルコールが抜けていない状態での入浴は控えましょう。
(5)精神安定剤、睡眠薬などの服用後の入浴は危険ですので注意しましょう。
(6)入浴する前に同居者に一声掛けて、見回ってもらいましょう


厚木市消費生活センター 

 

1 相談日  月曜日から金曜日(年末・年始・祝日を除く)

2 相談時間 9:30から16:00

3 電  話 046-294-5800

4 場  所 厚木市栄町1-16-15 厚木商工会議所4階

(注意事項)厚木市・清川村にお住まいの方に限ります。 

かながわ中央消費生活センター

 

1 相談日  月曜日から日曜日(年末・年始・祝日を除く)

2 相談時間 月曜日から金曜日  9:30から19:00                                

        土曜日、日曜日、祝日、12月28日  9:30から16:30

3 電  話 045-311-0999

 

 

 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

情報発信元

セーフコミュニティくらし安全課消費生活センター

(厚木商工会議所4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2155
ファックス番号 046-294-5801
3500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。