ページID:P043734

高齢者の窒息事故防止に関する注意喚起について

最終更新日 2018年12月28日(金曜日)

印刷

 消費者庁では、高齢者1の事故防止の取組を進めるため、厚生労働省「人口動態調査」の調査票情報及び東京消防庁「救急搬送データ」を基に高齢者の事故の状況について分析を行いました。
 平成19 年から平成28 年までの「人口動態調査」において、「誤嚥(えん)等の不慮の窒息」による事故は、高齢者の「不慮の事故」の中で最も死亡者数が多く、このうち約半数を「気道閉塞を生じた食物の誤嚥」が占めています。
 特にお正月(年始)は餅による窒息事故が多発するため、注意が必要です。
 加齢と共にかむ力や飲み込む力は衰え、食品による窒息事故のリスクは高まります。高齢者の方本人だけでなく、家族の方など周りの方も一緒に注意し、事故を防止することが大切です。
<餅による窒息事故を防ぐために>
(1) 餅は小さく切っておく
(2) 餅を食べる前に、先にお茶や汁物を飲んで喉を潤しておく
(3) 餅はよくかんで、唾液とよく混ぜ合わせてから飲み込む


厚木市消費生活センター 

 

1 相談日  月曜日から金曜日(年末・年始・祝日を除く)

2 相談時間 9:30から16:00

3 電  話 046-294-5800

4 場  所 厚木市栄町1-16-15 厚木商工会議所4階

(注意事項)厚木市・清川村にお住まいの方に限ります。 

かながわ中央消費生活センター

 

1 相談日  月曜日から日曜日(年末・年始・祝日を除く)

2 相談時間 月曜日から金曜日  9:30から19:00                                

        土曜日、日曜日、祝日、12月28日  9:30から16:30

3 電  話 045-311-0999

 (公開日:平成30年12月10日)

 

 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

情報発信元

セーフコミュニティくらし安全課消費生活センター

(厚木商工会議所4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2155
ファックス番号 046-294-5801
3500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。