ページID:P039277

消防活動用ドローン

最終更新日 2017年9月4日(月曜日)

印刷

 

 新たな消防活動のツールとして

 厚木市消防本部では、 災害発生時における状況把握や情報収集を上空から迅速かつ効率的に行うことを目的とし、平成29年8月1日から消防活動用ドローンを運用しております。

ドローンを操縦する隊員とドローン

 運用効果について

 「新たな消防活動のツール」として、土砂崩れ現場等、二次災害が発生するおそれのある場所及び水難事故現場での広範囲にわたる要救助者の検索等、消防隊員が接近することが困難な状況下や災害現場全体の状況把握に時間を要する場合において、消防活動用ドローンを活用することで、要救助者の早期発見、被害状況の早期把握など、新たな消防活動が期待できます。

操縦隊員がドローンを確認する様子 

 消防活動用ドローンの操縦者について

   消防活動では、様々な状況下で常に安定した飛行が求められることから、その知識と技能を身につけるとともに、運航に関わる十分な安全を管理するため、ドローンの基本操作などを習得する操縦技能者研修やリスクアセスメントを習得する運航管理者研修を受講した消防職員の中から、指揮者、操縦者及び操縦補助者を選任し、3人一組で活動します。

操縦者3人の様子    ドローンを操縦するプロポ

 ドローンの性能等について

 (1) 配備数     2機

 (2) 機体寸法    350mm(対角)

 (3) 機体重量    約1.4kg

 (4) 最大飛行時間  約30分

 (5) 購入費     254,000円(1機当たり)

 (6) その他     高性能カメラを搭載し、本体内蔵のSDカードに動画を保存出来ます。

消防活動用ドローン

関連キーワード検索

ドローン 消防活動用ドローン 無人航空機 

情報発信元

警防課装備係

(消防本部2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-223-9367
ファックス番号 046-223-8251
6400@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。