ページID:P041921

119番のかけかた

最終更新日 2018年7月8日(日曜日)

印刷

 

  通報は落ち着いて正確に!!局番なしの119番

  119番につながると、通信指令員が次の質問をします。

   イラスト

1 119番に繋がると「119番厚木消防です。火事ですか?救急ですか?」と問いかけます。

火事なら「火事です。」救急なら「救急です。」とはっきりと伝えてください。

2 住所や場所、目標物をお聞きします。

住所を伝えてください。住所が分からない時は近くの目標物等を伝えてください。

例えば「○○商店の東側です。」「○○工場の北側です。」という具合に伝えてください。また、災害現場がはっきりしないと出動することができません。

(注意事項)「火事だ!早く来てくれ。」と言うだけで慌てて電話を切ってしまっては困ります。日頃から自宅の目標物などを決めておきましょう。

(注意事項)携帯電話や自動車電話等からの119番通報は、平成13年2月1日から厚木市で受信できる方式に切り替わりましたが、市境では電波状況によって他市の消防機関につながる場合があります。その場合は、「厚木市」である旨を必ず伝えるようにしてください。

3 要請内容をお聞きします。

消防車や救急車が必要な状況を、分かる範囲で詳しく伝えてください。

  • 火事の場合 何が燃えているか? 延焼の危険はあるか? 負傷者はいるか?
  • 救急の場合 年齢、性別、病気か怪我か?何をしていて?どのような状態か?意識や呼吸はあるか?既往歴は?

(注意事項)負傷者の意識と呼吸の確認はとても重要です。しっかりと確認してください。

(注意事項)通報途中で「来れば分かる。」と言い、内容を言わずに電話を切ってしまう方がいますが、消防隊や救急隊が現場に向かう車内で活動準備をするための貴重な情報です。消防車や救急車は119番通報中でも出動しますので、しっかりと内容を教えてください。

4 名前と電話番号を聞きします。

あなたの名前と、119番通報に使用した電話の番号を伝えてください。

(注意事項)消防隊や救急隊が到着するまでの間に、消防本部から問い合わせをする場合がありますので、その場で連絡がとれる電話番号を教えてください。

5 携帯電話による通報時の注意点

 携帯電話からの119番通報が増えています。携帯電話を利用して119番通報をするときは、次の点に注意してください。

  1. 運転中などは、必ず安全な場所に停車してから通報してください。        
  2. GPS機能がついている携帯電話からの通報でも、状況によって位置情報がわからない場合がありますので、住所や目印となる建物などを正確に伝えてください。
  3. 高速道路の場合は、路線名や、上り、下り等の車線を確認し、安全な場所から通報しましょう。
  4. 市や町の境界付近での119番通報は、場所によって他市の消防本部に通報がつながる場合があります。その場合は、管轄する消防本部に転送することが出来ますので、電話を切らずにお待ちください。

6 よくある問い合わせ

Q「救急車の利用でよいのかわかりませが、どうしたらいいでしょうか?」

A 近年、救急件数が増加しております、平成29年11月1日に消防本部では救急車利用マニュアルを

 作成しましたのでご参考にしてください。

Q「救急車のサイレンを鳴らさないで来てください」

A 緊急車両は赤色灯の点灯とサイレンの吹鳴が道路交通法で定められているため、サイレンを鳴ら

 さずに走行することはできません。 

        

通報要領

関連ページ

関連キーワード検索

通信 119番 指令 119 通報 

情報発信元

指令課

〒243-0003 厚木市寿町3-4-10(消防本部2階)
開庁時間:原則24時間
閉庁日:なし
電話番号 046-221-2331
ファックス番号 046-224-5370
6450@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。