ページID:P006304

登山中の119番通報要領や通報時の注意点について

最終更新日 2019年7月21日(日曜日)

印刷

 

通信指令員が通報者に確認する内容

  1. 救助が必要な方がいる場所(GPS情報、入山ルート、付近の道標の番号)
  2. けが人又は急病人等の発生か、負傷の人数
  3. 助けが必要な人の状況 年齢、性別、意識の有無、けが等の程度、体格など
  4. 事故の概要 (例:〇〇ルートから入山した、〇〇歳、男性、下山中に転倒し、足を負傷して歩けない。現在のGPS座標は〇〇です。)
  5. 案内人の状況(案内人がいる場合はどの地点から案内が可能であるか)
  6. 同行者の有無、装備品の状況(人数、食料の状況、防寒対策、笛やライトの有無、地図など)
  7. 通報者以外の携帯電話の有無とその台数、それぞれの電話番号、電池残量、GPS情報が取得できているか

 

通報時の注意事項

  1. 携帯電話の機能で位置情報の設定ができる場合は、入山前にGPS情報を設定しておきましょう。
  2. 山の中は、携帯電話の電波が届かなかったり、電波状況によってはつながりにくかったりしますので、通報が終わるまでその場を動かないでください。
  3. 発生場所によっては、救助隊や救急隊が到着するまでに時間がかかることがあります。そのため、緊急時以外の通話はできる限り控え、携帯電話の電池残量を確保してください。

 

その他の注意事項

・通報後は危険がない限り、通報場所から離れないでください。

・「登山計画書」を提出し、家族などにも登山コース、帰る時間を伝えておきましょう。

・道に迷ったら、自分がわかる地点まで戻りましょう。

・悪天候時は無理をせず、安全を考慮し、中止しましょう。

・消防局救助ヘリの運行時間帯は、原則として日出から日没までとなります。

消防署からのお願い

  • 山岳救助事案の多くは遭難、転落、滑落、転倒、疲労、急病が多くの原因です、無理な計画は立てず、体調が悪いときは無理をせず、安全で楽しい登山にしてください。

 

道標はこのように掲示されています。

   イメージ2  イメージ3  

           イメージ4

山岳救助活動の様子

山岳(2) 山岳(1)

山岳(3)

(公開日:平成30年10月24日)

関連ページ

関連キーワード検索

通信 119番 指令 119 通報 登山 山岳 ハイキング 消防 

情報発信元

指令課

〒243-0003 厚木市寿町3-4-10(消防本部2階)
開庁時間:原則24時間
閉庁日:なし
電話番号 046-221-2331
ファックス番号 046-224-5370
6450@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。