ページID:P023521

業務用消火器の点検基準が改正されています

最終更新日 2013年1月21日(月曜日)

印刷

 会社、店舗、ビル、共同住宅(共用部分)等に設置されている消火器の点検基準が改正され、2011年(平成23年)4月1日より、製造から10年を経過した消火器に対する耐圧性能点検(水圧点検)が義務付けられ、以後3年ごとの耐圧性能点検(水圧点検)が必要となります。(平成22年12月22日消防庁告示第24号)

 また、2011年(平成23年)1月1日から消火器の規格省令が改正(平成22年12月22日総務省令第111号)されたことにより、2012年(平成24年)1月1日に改正前基準の消火器が型式失効されることとなります。

 特例として、すでに設置されている消火器は、2021年(平成33年)12月31日まで継続して設置可能です。(平成22年12月22日総務省令第112号)

 なお、ご家庭の消火器については、平成33年12月31日までに新基準の消火器にお取替えください。

 皆さん、現在設置してある消火器の製造年を確認しましょう。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

改正 消火器 点検 

情報発信元

予防課

〒243-0003 厚木市寿町3-4-10(消防本部2階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-223-9371
ファックス番号 046-223-8251
6500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。