ページID:P028565

多数の人が集まる屋外イベントに関し、消火器の準備が義務付けられました

最終更新日 2019年6月7日(金曜日)

印刷

屋外イベントに関し、厚木市火災予防条例の一部が改正されました

屋外イベントで消火器の準備が義務付けられました

 平成25年8月に福知山市の花火大会会場において、多数の死傷者を出す火災が発生しました。 
 この火災を踏まえ、多数の者が集合する催しにおいて、ガスコンロなどの火気器具から火災が発生した場合には初期消火が極めて重要なことから、厚木市火災予防条例の一部が改正され、平成26年8月1日から多数の者が集合する催しでは、火気器具等を取り扱うイベント主催者及び出店者等関係者に対し、消火器の準備が義務付けられました。

対象となるイベント

 火気器具を使用する場合に消火器の準備が必要となるイベントは、祭礼、縁日、花火大会及び展示会等、多数の者の集合するイベントです。一時的に一定の場所に不特定多数の人が集まることにより混雑が生じ、火災が発生した場合に危険性が高まるイベントで一定の社会的広がりを有するものが該当します。
 したがって、集合する人の範囲が個人的なつながりにとどまる場合(近親者によるバーベキュー、1つの自治会、幼稚園で父母が主催するもちつき大会のように相互に面識がある人が参加する催しなど)は対象外です。

準備する消火器の種類など

 消火器は、業務用4型サイズ以上の粉末式消火器を準備し、1器具に対し1本の消火器の準備を原則とします。

 

火災予防及びセーフコミュニティの観点から、屋外イベントの開催規模の大小にかかわらず、火気器具を使用する場合には、より安全を期すため積極的に消火器を備えていただきますようお願いいたします。



 

厚木市火災予防条例の一部改正について 
 

対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定基準を定める省令の改正に伴い、厚木市火災予防条例の一部が変わりました。
平成26年6月30日公布 平成26年8月1日施行

改正の要点

  1. 第18条第1項第10号に祭礼、縁日、花火大会、展示会その他の多数の者の集合する催しに際して対象火気器具等を使用する場合にあっては、消火器の準備をした上で使用する事が追加されました。
  2. 第18条第1項第10号 の追加に伴い、第19条から第22条の一部が改正されることとなりました。



(注意事項)不明な点は、下記までお問い合わせください。

関連ファイル

関連キーワード検索

消火器 イベント 改正 火災予防条例 

情報発信元

予防課

〒243-0003 厚木市寿町3-4-10(消防本部2階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-223-9371
ファックス番号 046-223-8251
6500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。