ページID:P046438

『第21回あつぎ環境写真展』受賞作品

最終更新日 2019年10月9日(水曜日)

印刷

第21回『あつぎ環境写真展』受賞作品 について

21回目を迎えた『あつぎ環境写真展』

「あなたの環境写真 次世代につなげたい厚木の自然」をテーマに40人の方から49点の作品のご応募がありました。
審査の結果、「市長賞1点」「入選2点」「佳作3点」が決まりました。
受賞作品は次のとおりです。

 

市長賞 「豊かな水、みどりの環境と自然の恵み」 小澤 一さん

 

市長賞

 

     (撮影者コメント) 

       市の中心部近くに川が流れ、緑の環境が保たれています。
       夏には川で鮎釣りも楽しめます。

 

 

 入 選 「ぼくの通学路」 土井 文明さん

                       

入賞(1) 

    

    (撮影者コメント)                           

      広がる稲田の中を、中学生が登校して行く。
      高松山に鎮座する小町神社が、今日もよき学びであれよ、と見守る。                
            

 

                       

入選 「鎮守の樹」 中村 梨紗子さん


入選(2)

    (撮影者コメント)

      妻田薬師のクスノキは樹齢800年と長く、神奈川の天然記念物に指定されるなど、
      未来に残したいと感じた。


佳作 「厚木の里山ランの競演」 香月 敏和さん


佳作1-1佳作1-2佳作1-3

    (撮影者コメント)  

      絶滅危惧種(第II類)のキンランをはじめギンラン・エビネランが咲く厚木の里山。
      是非後世に残したい貴重な環境。


佳作 「カワセミ飛ぶ自然豊かな散歩道」 山田 フジ子さん


佳作2-1 佳作2-2

     (撮影者コメント)

         川や公園を飛ぶカワセミは目にする人を楽しませ和ませてくれる
       存在感のある美しい鳥です。
       川の周辺の風景は心を癒してくれる散歩道として多くの人に愛され
       親しまれています。
       大切にしたいものです。


佳作 「未来へ!」 岩崎 倫大さん 


佳作3 

 

     (撮影者コメント)

        相模川に鮎の稚魚の放流をした時に写真を撮りました。
        元気に育っていって欲しいと思います。



 

作品の展示について

 次のとおり、作品を展示します。

 ぜひ、会場で作品をご鑑賞ください。

    

展示場所

展示期間

アミューあつぎ6階 

市民交流プラザ オープンラウンジ

令和 元年10月  8日(火曜日)から

令和 元年11月  6日(水曜日)まで

厚木市役所本庁舎 1階市民ホール

令和 元年11月  8日(金曜日)から

令和 元年11月28日(木曜日)まで



(公開日:令和元年10月9日)

関連ページ

関連キーワード検索

環境写真展 あつぎ環境 受賞作品 第21回 

情報発信元

環境政策課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎7階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2749
ファックス番号 046-223-1668
3100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。