ページID:P002973

ごみ処理の設備1

最終更新日 2010年2月26日(金曜日)

印刷

クレーン操作室
クレーン操作室
給じん装置
給じん装置
廃熱ボイラ
廃熱ボイラ

環境センターの設備は、このようになっています。 

ごみピット及びクレーン

 ピットには3日分のごみがためられます。ごみクレーンは、2基あり1基は常時稼動しております。

給じん装置

 二軸スクリューで構成され、ごみを連続して定量的に焼却炉に送ります。また袋詰めのごみは、ここで破袋されます。

焼却炉

 炉床の傾斜と流動空気の吹き出し速度の差及びディフレクターによる旋回流動によって、炉床全体が均一な燃焼密度になるとともに流動媒体とごみの伝熱速度が大きく、かつ、熱分布が均一なため安定した完全燃焼ができます。

廃熱ボイラ

 ふく射ゾーンを備えた自然循環式水管ボイラで、排ガスの熱エネルギーを回収して蒸気を作ります。最大蒸発量は、1基1時間あたり13トンです。

関連キーワード検索

ごみの処理 環境センター 

情報発信元

環境事業課

〒243-0807 厚木市金田1641-1(厚木市環境センター1階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:日曜日、年末年始、施設点検日
電話番号 046-225-2790
ファックス番号 046-224-0920
3300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。