ページID:P007581

もえるごみの出し方

最終更新日 2019年5月30日(木曜日)

印刷

お願い

リサイクルできる資源物(特に「紙類、布類、ペットボトル、プラスチック製容器包装等」)はきちんと分別し、もえるごみに混ぜて出さないでください。

もえるごみ

 もえるごみの出し方

  • 中身が確認できる透明・半透明の袋に入れて出してください。段ボール箱や黒い袋では出せません。

  • 袋の口をしっかりしばってください。

  • ご家庭から出たせん定枝(太さ直径12センチメートル以内、長さ50センチメートル以内)、落ち葉、土をよく落として乾燥させた雑草などは、資源として戸別収集していますので、資源再生センター(046-242-4600)まで、ご連絡ください。ただし、45リットルのポリ袋で1袋に満たない場合はもえるごみとしてお出しいただけます。また、植物のツルやツタは資源化できませんので、もえるごみとしてお出しください。

  • 季節や収集の曜日、天候等によってごみの量は大きく変わります。それに伴い、収集時間は一定の時間ではありません。また、ごみ減量化・資源化新システムの導入に伴い曜日により複数の車両で収集しています。

  • 台所のごみは十分水切りをしてください。

  • 布類(資源にならないもの)などは50センチメートル以下の長さに切れば出せます。

 もえるごみの種類

  • 台所のごみ、資源にならないプラスチックやポリ袋、貝殻、卵の殻、コンパクトディスク、ビデオテープ、ぬいぐるみ、人形、皮革類(資源にならないもの)、石油ポリ容器

情報発信元

環境事業課

〒243-0807 厚木市金田1641-1(厚木市環境センター1階)
開庁時間:8時30分から17時15分 ごみの受付時間 8時30分から12時・13時から16時30分
閉庁日:日曜日、年末年始、施設点検日
電話番号 046-225-2790
ファックス番号 046-224-0920
3300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。