ページID:P048866

やってみよう!フレイルチェック(おうち時間をたのしく健康にすごす知恵)

最終更新日 2020年6月3日(水曜日)

印刷

  年をとって心身の活力が低下した状態を『フレイル』と言います。

「食べこぼしが多くなった」「歩くのが遅くなった」と感じる方はフレイルの危険信号が灯っているかも?

まずは自分の健康状態や日々の生活を振り返ってみませんか。

 指輪っかeleven

(東京大学高齢社会総合研究機構監修)

この他にもメニューが盛りだくさん!

自宅でできるフレイルチェック(上記写真を参考にしてください)

1.椅子に座る。

 *床に足裏が全部つくこと。膝の角度は90度にすること。

2.自分の指で、輪っかをつくる。

3.ご自身の利き足でない方のふくらはぎの一番太いところを、指で囲る。

判定

・囲めない(ふくらはぎの方が太い)またはちょうど囲める:筋肉量が十分である

・指で囲めるが足と指の間に隙間ができる:筋肉量が少なくなっている状態(サルコペニア)の可能性がある。

  ひとつの目安なので、他にもチェックをして総合的に判断することが必要です。

フレイル予防に取り組みましょう!

フレイルはご自身の取り組で予防すること、改善することができると言われています。

1.適度に体を動かすこと。

  「家の中ではなかなか運動できない…」

  家事を行うことも身体を動かすことになります。また人の少ない場所や時間帯を選び、散歩をしましょう。

2.食べること。

  「出かけないからお腹がすかない」「食欲がない」

  動物性のたんぱく質(肉、魚、乳製品、卵等)は筋肉をつくる素になりますので積極的に摂りましょう。

  発酵食品や野菜等のビタミンは免疫力を高めると言われています。

  ただし、偏った食事にならないよういろいろな食品を食べるようにしましょう。

3.コミュニケーションも忘れずに。

  インターネット、メール、電話を利用し、家族やお友達と話をしましょう。

  社会とのつながりも大切です。

令和2年度フレイルチェック日程

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催を中止しております。

 日程が決まりましたら、広報あつぎや市ホームページでお知らせします。

(公開日:令和2年5月8日)

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

介護予防 フレイル 

情報発信元

介護福祉課高齢者支援係

(市役所本庁舎2階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2220
ファックス番号 046-221-1640
2230@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。