ページID:P002330

障害者の防災事前対策

最終更新日 2013年11月6日(水曜日)

印刷

障害者とその周囲の人達のための防災対策行動マニュアル

(神奈川県福祉部障害福祉課作成冊子から抜粋)

大規模地震等の災害はいつ起こるかわかりません。万一、災害が発生した場合は防災機関等を含む人々が被災する可能性があります。その際には、周囲の人と協力して自分の身は自分で守るという「セルフディフェンス」の考え方が大切となります。災害発生時には、どんな状況下に置かれることになるのか誰にも予測がつきません。こうした場合、障害のある人達にとって、「自分でできること、できないこと、望む援助や対応、必要とする支援等」を、周囲の人達に的確に伝えるための準備をしておくことが大変重要となります。 周囲の人達に「どう対応してほしいのか」を的確に伝えることも、セルフディフェンスの考え方に基づく日頃の備えの一つなのです。

関連キーワード検索

制度 福祉 障害者 障がい者 ふれあいをもとめて 

情報発信元

障がい福祉課障がい福祉係

(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2221
ファックス番号 046-224-0229
2100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。