ページID:P002344

普段の心構え

最終更新日 2013年11月6日(水曜日)

印刷

  1. 全ての防災対策は事前対策から
    災害が発生してからでは防災対策は間に合いません。全ての防災対策は事前に行わなければなりません。そして、その中には自分でやらなければならないこと、たとえば我が家を安全空間にすることや非常用品の備蓄、非常用持ち出し袋の準備等があります。また、他の人や関係機関の協力をあおいだり、ネットワーク作りのように各種団体やグループとの連携を必要とするものもあります。いずれにしても大切な自分や家族の生活を守るために、十分な事前準備をして災害を迎え撃つ強い心構えが大切です。
  2. 地域の防災訓練に積極的に参加する
    家族とともに自分達のための、地域防災訓練には積極的に参加しましょう。自主防災組織や近所の人とのコミュニケーションも密になり、イザという時の味方になります。
  3. 我が家の防災会議を開催する
    年に2~3回は我が家の防災会議を開催して、イザという時の連絡方法、避難のしかた、非常用品のチェック、緊急時の対応や役割分担、災害が落ちついた場合の待ち合わせ場所等を決めておくことが大切です。
  4. 我が家の防災訓練を実施する
    大地震等の災害がいつ発生してもよいように、家族と一緒に我が家の防災訓練を計画的に行ってください。少しでも、訓練しておくと、あわてずに行動ができます。

関連キーワード検索

福祉 制度 障害者 障がい者 ふれあいをもとめて 

情報発信元

障がい福祉課障がい福祉係

(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2221
ファックス番号 046-224-0229
2100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。