ページID:P047961

地域包括ケア啓発漫画「やっぱり家がいい!」

最終更新日 2020年3月24日(火曜日)

印刷

hanakjo_ichiro

manga2mangamanga3

人生の終盤に起こる様々な出来事を漫画で情報発信

 人生の終盤、在宅生活で起こる医療や介護の様々な出来事を多くの方に知っていただくため、漫画を制作しました。漫画の登場人物に、自分や身近な人を投影し、人生の終盤に起こる様々な出来事や求められる心構えを体験してください。

専門職が実際の現場で遭遇したエピソードを基に創作

 医療、介護、福祉等の専門職で組織する厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会では、市民啓発を目的として、年に一度、メンバーが実際の現場で遭遇したエピソードを基に劇を創作し上演しています。

 劇シナリオには、医療、介護、福祉に関する多くの情報が含まれていることから、今回、これを基に漫画を制作しました。

漫画による分かりやすい情報発信

  漫画の特性を活かし、難しい内容も分かりやすく伝え、あらゆる世代の興味関心を喚起します。

漫画制作費は寄附金を活用

 漫画制作費は、全てガバメントクラウドファンディング(ふるさと納税型クラウドファンディング)により得た、当プロジェクトに対する寄附金でまかなわれています。

下記参照:(ふるなびクラウドファンディング)「やっぱり家がいい!」をマンガ化して情報発信するプロジェクト 

漫画「やっぱり家がいい!」

第1巻 はじめての介護相談編

 主人公は厚木花子さん。夫の一郎さんと二人暮らし。花子さんの認知症や一郎さんの体の衰えが進むにつれ、日々の暮らしに様々な困りごとが出てきます。離れて暮らす子どもたちはどこへ相談していいのか分からず、途方に暮れる中、地域包括支援センターや医療・介護サービスの存在を知ります。果たして2人の生活は再建できるのか。(令和2年2月制作)

第1巻_はじめての介護相談編(PDF形式 1,395キロバイト)

1kan hyoushi(新しいウィンドウを開きます)

第2巻 家での介護って・・・?編

 各種サービスを利用しながら在宅で暮らしていた花子さんが、ある日脳疾患で倒れ、手と足に麻痺が残り要介護状態となってしまいました。自宅に帰りたい花子さんと、介護の大変さから施設入所を提案する子どもたち。話し合いを重ね、最後は本人の意思を尊重し在宅での生活を選択しますが、そこには様々な問題が。 (令和2年3月制作)

第2巻_家での介護って?編(PDF形式 1,531キロバイト)

2kan hyoushi(新しいウィンドウを開きます)

 

(注意事項)本作の無断複製・転載などは著作権法上での例外を除き禁じられています。

(公開日:令和2年3月24日)

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

地域包括ケア 地域包括ケア社会 地域包括ケアシステム PR 漫画 マンガ まんが 

情報発信元

福祉総務課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2200
ファックス番号 046-221-2205
1900@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。