ページID:P044511

厚木市骨髄移植ドナー支援事業助成金

最終更新日 2019年4月15日(月曜日)

印刷

白血病などの患者を救うため、骨髄を提供したドナーなどに助成金を交付する事業を、新たに始めました!!

骨髄移植ドナー支援事業助成金

骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業で、骨髄などを提供した市内在住の方や、その方が勤務する事業所を対象に、予算の範囲内において、骨髄ドナー支援事業として助成します。

対象

助成金の交付対象者は、次のいずれにも該当する方及びその方が勤務する国内の事業所(国、地方公共団体及び独立行政法人を除きます。)とします。

  ・本市に住所を有する方

  ・骨髄提供に伴う休暇の制度がない事業所に勤務する方

  ・骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄等の提供を完了した方

  ・同様の趣旨の他の助成金の交付を受けていない方

助成内容

《骨髄等の提供のための通院等の内容》

健康診断に係る通院、自己血採血に係る通院、骨髄等の採取に係る入院

骨髄バンクが必要と認める通院、入院

(ドナー:一日につき2万円、ドナーが勤務する事業所:一日につき1万円)

 (注意事項)1人1回の提供に対して、通算として7日間を上限とする。

申請手続

 

《ドナー用》 

〇助成金の交付を受けようとするドナー(以下「申請者」という)は、医療機関での骨髄等の提供が完了し、当該医療機関を退院した日の翌日から起算して1年以内に、厚木市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書兼請求書(ドナー用)(第1号様式)に次に掲げる書類を添えて申請してください。

 (1) 骨髄バンクが発行した骨髄等の提供が完了したことを証する書類

 (2) 健康保険証の写し

 (3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

《事業者用》

〇助成金の交付を受けようとする雇用事業所(以下「申請事業所」という)は、ドナーが医療機関での骨髄等の提供を完了し、当該医療機関を退院した日の翌日から起算して1年以内に厚木市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書兼請求書(事業者用)(第2号様式)に次に掲げる書類を添えて申請してください。

 (1) 骨髄バンクが発行した骨髄等の提供が完了したことを証する書類

 (2) ドナーとの雇用契約を証する書類

 (3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

 

その他

 申請手続きや内容についての詳細は、下記の問い合わせ先までお問合せください。

(公開日:平成31年4月15日)

関連ファイル

情報発信元

健康長寿推進課

〒243-0018 厚木市中町1-4-1(保健福祉センター1階)
開館時間:8時30分から17時15分まで
閉館日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
電話番号 046-225-2174
ファックス番号 046-224-8407
2250@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。