ページID:P049832

厚木市食生活改善推進団体 厚味会について

最終更新日 2020年12月28日(月曜日)

印刷

厚木市食生活改善推進団体 厚味会とは

 厚木市食生活改善推進団体厚味会(あつみかい)は、食を通じて地域の健康づくりや食育の普及啓発を図ることを目的に、楽しく活動しているボランティアです。

<地域の健康づくりの案内人 食育アドバイザーとして>

・バランスのとれた食生活の定着

・仲間とのふれあいを通じて、地域ぐるみのよい食生活づくり

<食育推進の担い手として>

・地産地消、郷土料理、行事食、食文化の継承

スローガン

 厚木市食生活改善推進団体厚味会は、「おいしく 楽しく 健康に 私達の健康は私達の手で」

をスローガンに、地域における食生活改善や健康づくりを進めています。

厚味会及び会員の目標

  1. ヘルスメイトとして会員の意識と資質を高め組織を強化しましょう。
  2. 会員の食生活、食習慣の自己診断を実践しましょう。
  3. 他団体との交流を深め地域社会での対話活動を推進しましょう。
  4. 県や市等が行う健康づくり事業に積極的に参加しましょう。
  5. 推進手帳を活用し、活動記録をつけましょう。

地域活動の目標

  1. 「おいしく たのしく 健康に」運動の推進。
  2. 健康づくりのため「食生活指針」「運動指針」「休養指針」の普及と推進。
  3. 健康食育あつぎプランの推進に努めましょう。
  4. 「増やそうCa(カルシウム)減ら脂(脂肪)Na(食塩)さい」運動の推進。
  5. 子どもに手作り料理の楽しさと食事の大切さを伝えましょう。
  6. 高齢化社会に対応した地域活動を積み重ねましょう。
  7. 調理や保存を上手にして無駄や廃棄を少なくしましょう。

 

年間活動

  1. 食育普及活動(親子料理教室、男性料理教室)
  2. 会員研修会(新会員研修会、施設研修会、伝達研修会)
  3. 厚木市主催事業の参加(食生活改善推進員育成研修会)
  4. 厚木市社会福祉協議会主催 男の料理教室
  5. 各地区での食を通じた健康づくり活動(公民館まつり、高齢者の会食、配食づくり等)
  6. 各地区自主活動

(注意事項)令和2年度は新型コロナウイルス感染症予防のため、例年実施している事業は中止としております。

           厚味会

受託事業

  1. 厚木市 厚木市地区食育推進事業 (令和元年度15回実施)

食生活改善推進団体の組織

  1. 全国食生活推進団体連絡協議会(昭和45年12月設立)
  2. 神奈川県食生活改善推進団体連絡協議会(昭和40年2月19日設立) 
  3. 神奈川県食生活改善推進団体 あゆみ会(昭和34年6月24日設立)

 (1)厚木125人(2)海老名59人(3)座間61人(4)愛川50人(5)清川42人  合計337人(令和2年4月2日現在)

 4.厚木市食生活改善推進団体 厚味会(昭和46年6月設立)

 (1)厚木北地区(2)厚木南地区(3)依知地区(4)睦合地区(5)荻野地区(6)小鮎地区(7)南毛利地区

 (8)森の里・玉川地区(9)相川地区(10)緑ヶ丘地区

  合計125人(令和2年4月2日現在)

厚味会レシピ紹介1 蒸しなすの中華風和え物

<作り方>

  1. なすは水洗いし、へたは切り落とす。
  2. 蒸し器に入れて8から12分蒸す。箸で挟んでみて芯がなく柔らかい手ごたえがあれば蒸し上り。
  3. 竹串で縦に8から10本に裂き、器に盛って冷蔵庫に冷やしておく。
  4. かけ汁のにんにくをみじん切りにし、かけ汁(調味料A)と合わせ冷蔵庫で冷やす。食べる直前にかけ汁をかける。

 

 

調味料 材料  作りやすい分量
     なす  6から8個(500g)
   A  しょうゆ

大さじ2

A

 大さじ1
   A 砂糖  小さじ1
   A ごま油  小さじ1
   A 豆板醤  小さじ1/2
   にんにく  1片

厚味会レシピ紹介2 鶏のごま味噌焼き

<作り方>

1.ごま味噌だれ(調味料A)を合わせる。(ビニール袋等を使用するとよい。)

2.鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、ごま味噌だれに漬け込み15分おく。

3.天板にクッキングシートを敷き、鶏肉を並べ、オーブン250℃で様子を見ながら7分焼く。

  パプリカ、ピーマンを細切りにし一緒に焼く。

〇フライパンで焼く場合は、フライパンにアルミホイルを敷き、油(分量外)を少量入れ鶏肉を並べふたをして焼く。

 

調味料    材料  作りやすい分量
   鶏もも肉  320g
 A 味噌  大さじ1
 A すりごま  小さじ1
 A 砂糖  小さじ2
 A しょうゆ  小さじ1
 A みりん  小さじ1
 A  小さじ1/2
 A おろし生姜  小さじ1
パプリカ赤、黄  各1/4個
ピーマン  1個

 

 

食生活改善推進員になるためには・・?

 厚木市で開催している「あつぎ食育アドバイザー(食生活改善推進員)養成講座」を修了することが必要です。養成講座では、食の豊富な知識と調理の技術を身につけて食生活改善や食育推進を地域で行うボランティアを養成します。         

          養成講座

 令和2年度の申し込みは終了しましたが、毎年養成講座を開催しますので、ご興味のある方はお問い合わせください。

【問い合わせ】

 厚木市 健康づくり課成人保健係

 電話046-225-2201

                               (公開日 令和2年11月16日)

関連キーワード検索

食生活 食育 食育アドバイザー 食生活改善推進員 厚味会 

情報発信元

健康づくり課

〒243-0018 厚木市中町1-4-1(保健福祉センター2階)
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2597
ファックス番号 046-223-7066
2300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。