ページID:P048421

【定額給付金】配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方へ(5月15日更新)

最終更新日 2020年5月15日(金曜日)

印刷

  

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に厚木市へ避難している方の支援について

 配偶者やその他親族からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なる等して避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、住民票を異動できずに厚木市に居住されている方は、一定の要件を満たす場合に、特例として申出を行うことにより次の措置を受けることができます。
1.世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、厚木市に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。
 (5月13日時点の情報につき、国の動向により今後変更されることがあります。)

特別定額給付金に関するお知らせ(総務省)(PDF形式 656キロバイト)

対象者

次の(1)から(3)のいずれかに該当する方となります。詳しくは、市家庭相談課にご相談ください。

(1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること。

(2)婦人相談所による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」又は、市区町村、民間支援団体等による「確認書」が発行されていること。

(3)令和2年4月28日以降に、住民票が厚木市に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること。

相談先(受付窓口)および手続き

・ 給付金の申請には、「配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(添付ファイル)の提出が必要です。

・ まずは、市家庭相談課(☎046-225-2953)にご相談ください。秘密は、厳守いたします。

・ 状況をお聞かせいただき、総合的に判断した上で、申出書の提出に必要な「確認書」を発行いたします。

・ 電話のみの相談では、「確認書」を発行することはできません。

 

申出書を提出する期限

・令和2年4月24日(金曜日)から令和2年4月30日(木曜日)

(注意事項)土日祝日は除きます。

・上記期間が過ぎた後も提出することができますので、ご相談ください。
・受付時間:8時30分から17時15分

(注意事項)特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に、後日送付される申請書により手続きを行う必要があります。

相談時に必要な物

・配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書(PDF形式 98キロバイト)

・本人および同伴者の本人確認書類

 (写真付きの確認書類があれば1点、写真付きの確認書類がない場合は2点必要です。)

・住民票と異なる住所に居住していることを確認できる書類

 (アパートの賃貸契約書、公共料金等の請求書 等)

・配偶者からの暴力を理由に避難している事実が確認できるもの

 (保護命令決定書、配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書 等)

 (注意事項)書類が不足する場合は、受付できない場合があります。必ず事前にお問合せください。

(公開日:令和2年4月24日)

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

相談 DV 配偶者 暴力 定額給付金 新型コロナウイルス 避難 

情報発信元

家庭相談課女性相談係

(市役所第二庁舎7階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2953
ファックス番号 046-221-0291
2210@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、からお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。