ページID:P039030

妻田薬師(遍照院)の須弥壇(しゅみだん)

最終更新日 2019年6月13日(木曜日)

印刷

須弥壇
須弥壇

市指定有形文化財(平成25年9月20日指定)

所在地 

 妻田西3-17-32 妻田薬師(遍照院)

概説 

 禅宗様の須弥壇である。全体に朱漆塗が施され、框及び天板は黒漆である。羽目板には格狭間(こうざま)が取り付けられており、格狭間内部には七宝繋ぎとみられる文様が彫刻される。脚の猫足は、正面に4箇所、左右側面にそれぞれ2箇所みられ、絵様は単純な唐草である。

 製作時期は、厨子に明記された大工と同一人物とみられる墨書銘が内面に見られることから、厨子と同一時期(天正8年(1580)から天正12年(1584))であると考えられる。製作時期が明確な作例であり、戦国時代の特徴を示す重要な文化財である。

格狭間 格狭間

交通案内 

 松蓮寺、半原、まつかげ台、あつぎ郷土博物館(神奈川工科大学前経由)、鳶尾団地、愛川バスセンター(三田経由)行バス 妻田薬師下車 徒歩1分

関連ページ

関連キーワード検索

文化財 指定 

地図

情報発信元

文化財保護課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、
あつぎ郷土博物館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
あつぎ郷土博物館 毎月最終月曜日(休日のときは次の平日)
電話番号 046-225-2509
ファックス番号 046-223-0086
8650@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。