ページID:P000500

林王子遺跡出土有孔鍔付土器

最終更新日 2019年1月27日(日曜日)

印刷

林王子遺跡出土有孔鍔付土器
林王子遺跡出土有孔鍔付土器
林王子遺跡出土有孔鍔付土器拡大図
林王子遺跡出土有孔鍔付土器拡大図

市指定有形文化財(平成21年2月13日指定)

所在地

あつぎ郷土博物館

厚木市下川入1366-4

概説

 この土器は、王子の団地造成に伴い昭和48年(1973)に行われた林王子遺跡の発掘調査により出土しました。遺跡は縄文時代の住居跡が38軒発見されました。
 有孔鍔付土器は、縄文時代中期に関東・中部地方を中心にみられる土器で、平らな口縁の下に列状の孔と鍔状の盛り上がりがあることを特徴とし、出土数が非常に少ない土器です。
 何に使われていたかは不明ですが、酒の醸造に用いられたという説や口に革を張って太鼓としたのではないかという考え方があります。
 林王子遺跡の有孔鍔付土器は、高さ26.5cm、口径15.5cm、胴部径28.0cmで、平らな口縁の直下に径5mm程度の孔が等間隔に空けられ、その下には隆帯がめぐっています。正面中央部には女性とみられる人体表現があり、左右側面にはとぐろを巻く蛇を表現した装飾がみられます。縄文時代中期の土器には、こうした抽象的な文様がみられ当時の精神文化を示しているものと考えられています。
 この土器は造形的にも極めて優れており、縄文時代の精神文化を考える上でも貴重なものといえます。

交通案内

  • バス
    神奈川中央交通バス あつぎ郷土郷土博物館行き終点下車

【変更公開日:平成31年1月27日】

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

考古 縄文時代 文化財 指定 

情報発信元

文化財保護課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、
あつぎ郷土博物館 9時から17時(入館は16時30分まで)
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
あつぎ郷土博物館 毎月最終月曜日(休日のときは次の平日)
電話番号 046-225-2509
ファックス番号 046-223-0086
8650@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。