ページID:P002358

12「御道替えの瓦版」

最終更新日 2010年2月18日(木曜日)

印刷

御道替えの瓦版

文久2年(1862)8月21日生麦事件がおきました。当時は攘夷論によって外国人に対する治安が悪く、前後して外国人の殺傷事件が相次ぎました。そのため、幕府は東海道を通行する大名行列、京都の使者などに危険が及んだり、あるいは重要な公務に支障が起きるようでは困るので、外国居留民が多い横浜を避けた公的な道路を考え始めていました。そこで考えられたのが、東海道の品川から平塚の間を矢倉沢往還に付け替えることです。その詮議はすぐ行われ実地見聞も行われましたが、実現はされませんでした。

情報発信元

文化財保護課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎5階)
開庁時間:文化財保護係 8時30分から17時15分、厚木市郷土資料館は、平成31年1月末まで休館中です。また、事務室は平成30年11月12日に移転しました。(移転先 厚木市下川入1366-4)あつぎ郷土博物館は平成31年1月27日(日曜日)一般公開します。
閉庁日:文化財保護係 土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)郷土資料館は、平成30年4月1日から休館しております。
電話番号 046-225-2509
ファックス番号 046-223-0086
8650@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。