ページID:P042042

平成30年10月新規開所予定小規模保育施設の入所申込みを受け付けます

最終更新日 2018年7月17日(火曜日)

印刷

申請手続きについて

受付期間

一次申請受付期間:平成30年7月17日(火曜日)から8月10日(金曜日)まで

  • 開庁時間 平日 午前8時30分から午後5時15分まで
    (注意事項)平成30年度既に申込みされている方で、平成30年度中の希望施設を開所予定の小規模保育に変更される場合は、別途希望園変更届を保育課窓口に提出していただきます。
    (注意事項)平成30年8年13日(月曜日)以降に申込みされる方は、平成30年11月入所希望となります。

受付場所

  • 厚木市こども未来部保育課(厚木市役所第二庁舎1階)へお子さまと一緒にお越しください。

(注意事項)郵送やファックスでのお申込みはできません。

(注意事項)必要書類を全て揃えてお申込みください。

(注意事項)申込み時点において、市外にお住いの方は、お住いの市区町村を通して厚木市への申込み手続きが必要です。厚木市の申込期間内に厚木市へ申請書類が届くよう、早めに手続きをしてください。

申請対象施設

保育所名 住所 問い合わせ先 受入年齢

定員

0歳から2歳

開所時間
平日 土曜日

(仮称)ぽとふ厚木

長谷677-3武井商事ビル101 0463-97-2022(系列園:ぽとふ伊勢原) 4か月から 19人 7:30から19:30 7:30から18:30

(注意事項)工事等の進捗状況によっては10月開所できない場合があります。

(注意事項)2歳児クラスについては、3月末で卒園となります。4月以降認可保育所を希望される場合は、別途平成31年度4月入所申請が必要となります。

事業者事前説明会

  • 日時   平成30年7月28日(土曜日) 午前10時から
  • 場所   厚木市シティプラザ6階
  • 連絡先 090-4540-0331(担当:(仮称)ぽとふ厚木 大畑)

(注意事項)事前に電話予約の上、出席してください。

共通の提出書類

  1. 支給認定申請書(兼)利用申込書
  2. 保育を必要とする事由を確認する書類(下の表参照してください)
  3. 健康調査書
  4. 申込み確認表
  5. 申請書を提出する方の身元が確認できるもの(個人番号カードや運転免許証等の顔写真付き身分証明証、又は公的医療保険の被保険者証、児童扶養手当証書等の身分証明書2つ)
  6. 保護者の個人番号が確認できるもの(個人番号カード、通知カード等)

(注意事項)申請書を提出する方が保護者と異なる場合は、写しで可。

 

保育を必要とする事由を確認する書類
保育を必要とする事由 確認する書類
就労 会社勤務の方
  • 就労状況証明書
変則勤務の方
  • 就労状況証明書
  • シフト表
自営の方
  • 就労状況証明書
  • 確定申告書や個人事業届等の写し
居宅内(内職)
  • 就労状況証明書
  • 出来高証明書・納品書等の写し
育児休業から復帰する方
  • 就労状況証明書
  • 申立書(復職)
  • 育児休業給付金支給決定通知等 の写し
妊娠・出産
  • 母子手帳の写し
  • 診断書(特別な状態の場合)
疾病・障害
  • 申立書(疾病負傷)
  • 診断書、障害者手帳または介護保険被保険者証の写しのいずれか1つ
(注意事項)診断書は入所後でも可
介護・看護
  • 申立書(介護看護)
  • 診断書、障害者手帳または介護保険被保険者証の写しのいずれか1つ
(注意事項)診断書は入所後でも可
災害復旧
  • 各申立書
  • り災証明書等
求職活動中
  • 申立書(求職活動中)
  • 求職カード等 の写し
就学
  • 在学証明書
  • 授業時間割
虐待やDVのおそれ
  • 配偶者からの暴力被害者の保護に関する証明等 の写し
育児休業中の継続利用
  • 就労状況証明書
  • 育児休業延長に係る保育所等利用申出書
  • 育児休業給付金支給決定通知等 の写し

 該当する方のみ必要な提出書類

  1. アレルギー調査票
  2. 平成30年度住民税課税証明書(平成30年1月1日の住所が厚木市外の方)及び同意書
  3. 生活保護費受給票 の写し
  4. 障害者手帳 の写し
  5. 在留カード等(外国籍の方)の写し
  6. 調停期日通知書(離婚調停中の方)の写し
  7. 同居している65歳未満の祖父母の就労状況証明書等
  8. 申請に係る児童の認可外私設保育施設等の在籍証明書等 

(注意事項)上記7及び8の書類は、任意提出していただく書類となりますが、提出の有無により、利用調整時の選考指数に影響出る場合があります。

支給認定

 保育所等の利用にあたっては、「保育の必要性」の支給認定を受ける必要があります。

 支給認定区分は、お子さまの年齢と保育の必要性の有無によって、次のように分けられます。

 

支給認定区分一覧
支給認定区分 対象となる子ども 利用できる施設
教育標準時間
(1号認定)
満3歳以上の就学前の子ども
(2号認定を除く)
認定こども園・幼稚園
保育認定
(2号認定)
満3歳以上で、保護者の就労や疾病等により保育を必要とする子ども 認定こども園・保育所
保育認定
(3号認定)
満3歳未満で、保護者の就労や疾病等により保育を必要とする子ども 認定こども園・保育所・小規模保育・家庭的保育

保育の必要量の区分(保育を受けられる時間)及び認定期間 について

 2号認定または3号認定を受ける方は、保育の必要量によってさらに「保育標準時間認定」または「保育短時間認定」に区分されます。「保育標準時間認定」と「保育短時間認定」とでは、保育所等を利用できる時間が異なります。「保育標準時間認定」とは、月120時間程度・週4日以上の就労等の事由により、1日あたり最長11時間の保育を必要とする場合の認定区分です。「保育短時間認定」とは、月64時間以上・週4日以上の就労等の事由により、1日あたり最長8時間の保育を必要とする場合の認定区分です。 また、保育を必要とする事由により、それぞれ認定期間が異なります。

 

(注意事項)認定期間が終了した場合は、再度認定申請が必要になります。

保育を必要とする場合の認定区分
就労 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
保育短時間認定(8時間)
支給認定の期間 2号認定:小学校就学までの期間
3号認定:満3歳に達する日の前日まで
妊娠・出産 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
支給認定の期間 出産日から8週間を経過する日の翌日を含む月の月末まで
疾病・障害 1日あたりの保育必要量 保育短時間認定(8時間)
支給認定の期間 2号認定:小学校就学までの期間
3号認定:満3歳に達する日の前日まで
介護・看護 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
保育短時間認定(8時間)
支給認定の期間 2号認定:小学校就学までの期間
3号認定:満3歳に達する日の前日まで
災害復旧 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
支給認定の期間 2号認定:小学校就学までの期間
3号認定:満3歳に達する日の前日まで
求職活動中 1日あたりの保育必要量 保育短時間認定(8時間)
支給認定の期間 2か月が経過する日を含む月の月末まで
就学 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
保育短時間認定(8時間)
修了予定日が属する月の月末まで
虐待やDVのおそれ 1日あたりの保育必要量 保育標準時間認定(11時間)
支給認定の期間 2号認定:小学校就学までの期間
3号認定:満3歳に達する日の前日まで
育児休業中の
在園児継続利用
1日あたりの保育必要量 保育短時間認定(8時間)
支給認定の期間 育休取得時に在園児が3歳クラス以下の場合:
生れた子が1歳になるまでに復職することを条件とし、復帰までの期間継続可能。ただし、育児休業に係る子の1歳になる月の利用申請が保留となった場合に限り、翌年度5月15日までに復職することを条件に、保育所等に入所している上の子の入所継続利用期間を翌年度4月末まで延長することが可能。
 
育休取得時に在園児が4歳クラス以上の場合:
育児休業復帰まで

 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

申請書 保育園 小規模 新規 

情報発信元

保育課保育認定・給付係

(市役所第二庁舎1階)
開庁時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話番号 046-225-2231
ファックス番号 046-221-0261
2200@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。