ページID:P043587

共働き子育てしやすい街ランキング2018 全国第3位に!

最終更新日 2019年1月10日(木曜日)

印刷

全国市区の「共働き子育てしやすい街ランキング2018」について

 全国の主要市区162自治体を対象に日経DUALと日本経済新聞社が共同で実施した「自治体の子育て支援に関する調査」(実施期間:平成30年9月から10月)の結果を基に作成された、「日経DUAL 共働き子育てしやすい街ランキング2018」が発表され、厚木市が全国3位(千代田区と同点)にランクインしました!

 このランキングは、保育所への入りやすさや病児保育の充実度など31項目を基に作成されており、子育てしながら働きやすい街として高い評価を受けることができました。

 年度

総合編

全国編(東京を除く)

2018

3位(1位:宇都宮市・1位:新宿区)

2位(1位:宇都宮市)

2017

18位(1位:豊島区)

6位(1位:松戸市)

2016

27位(1位:新宿区)

11位(1位:浦安市)

2015

29位(1位:荒川区)

12位(1位:静岡市)

主な評価ポイントと厚木市の取組み

 主な評価ポイントと厚木市の取組みは次のとおりです。厚木市は、0歳児の保育所への入りやすさや、第2子以降の子どもへの紙おむつ等の宅配、充実した学童保育の実施等について評価されました。

1. 認可保育園に入りたい人が入れているか
 ⇒2019年度には、保育所待機児童ゼロを達成する見込みです。

2. 認可保育園の保育利用枠の今後の増設状況
 ⇒待機児童ゼロに向けて、保育施設の拡充を進めています。

3. 認可外保育園などの受け皿がどのくらい用意されているか、利用者への助成はあるか
 ⇒年度内に4か月以上継続して利用した方に助成金を支給しています。

4. 病児保育施設の充実度
 ⇒市内には病児・病後児保育を行う施設があり、小学校3年生まで預けられます。

5. 未就学児がいる世帯へのサービス・現物支給があるか
 ⇒2人目以降の子どもへ紙おむつ等を宅配し、家計をサポートしています。
 ⇒アミューあつぎを利用して幼稚園への送迎を行う「幼稚園送迎ステーション事業」を実施して
  います。
 ⇒子育て支援センター「もみじの手」には、子どもたちが自由に遊び、子育て中の保護者同士が
  交流できるサロン室と、育児の悩み等を相談する窓口があります。

6. 学童保育が充実しているか
 ⇒市内全ての公立小学校に公立の放課後児童クラブを設置しています。

7. 保育士確保へ自治体独自の取り組みがあるか
 ⇒保育士の復職・転入・奨学金返済の3つの助成を行っています。

8. 保育の質担保への取り組み
 ⇒随時、認可保育所等の見回りや窓口相談、指導監査を実施しています。

9. 産後ケアへの取り組み
 ⇒産前産後の子育て家庭に「ほっとタイムサポーター」を派遣し、家事や育児のお手伝いをして
  います。
10.  不妊治療助成を実施しているか
 ⇒市独自の不妊治療助成を実施しています。

出典:「日経DUAL」共働き子育てしやすい街2018
    2018年12月13日掲載 総合ランキング
    https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/120400144/120400001/
    2018年12月25日掲載 全国編詳細リポート
    https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/120400144/121900004/

写真1

 市内すべての小学校には、公営の放課後児童クラブが設置されています。
写真2
 保育所の整備等により、待機児童ゼロに向けて取り組んでいます。

(公開日:平成30年12月13日)

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

子育て支援 事業紹介 子育て 

情報発信元

こども育成課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎3階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2262
ファックス番号 046-225-4612
2180@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。