ページID:P042122

平成30年度第1回厚木市スポーツ推進審議会会議録(要旨)

最終更新日 2018年7月11日(水曜日)

印刷

会議概要
会議主管課 社会教育部スポーツ推進課
会議開催日時 平成30年6月27 日(水曜日) 16時00分から17時00分
会議開催場所 厚木市役所第二庁舎2階 福祉事務所会議室
出席者 委員12人
教育長、社会教育部長、スポーツ推進課長、スポーツ推進係長、スポーツ施設管理係長、担当主査、担当主事
傍聴者 なし
説明者 スポーツ推進課長、スポーツ推進係長、スポーツ施設管理係長

委嘱状交付

教育長から新任委員(1名)へ委嘱状交付

会議の経過は、次のとおりです。

1 開会

 スポーツ推進課長

2 あいさつ

 教育長
 会長

3 案件

 (1) 平成30年度社会体育事業実施状況について   【資料1】

 (2) 平成30年度の今後の事業予定について     【資料2】

 資料1・2に基づき、一括で事務局。

  

委 員:春季健康まつりについて、実施している競技が各公民館で様々だが、各公民館で決めているのか。それともスポーツ推進課から依頼をし、目的を定めた上で、競技を決めているのか。

事務局:各地区の体育振興会にお任せをしている。スポーツ推進課から、この競技をやって欲しいといった依頼等はしていない。

委 員:健康まつりなので、ただ任せるのではなく、スポーツ推進課から、健康増進という目的に結びつくような競技をやってください、としてはどうか。 

委 員:体育振興会だけでなく、各公民館の運営委員会等において、それぞれの地区でどのような競技を行うか決めている。

委 員:それは理解した。ただ、健康増進に結びつくように競技を決めてはどうかと思っている。   

委 員:そのつもりでやっている。体育振興会で、地区の年齢や人口等をふまえ、参加者が多く、楽しんでもらえる競技の候補を選定し、それを運営委員会等で協議し決定している。

委 員:資料2でチラシが3つあるが、申込方法についてパラリンピアン講演会はメールで、ほかは往復はがきであることは、何か理由があるのか。若い人達はメールの方が申込みをしやすいのではないか。

事務局:講演会について参加者の抽選はない。ほかの二つについては抽選を見越して、はがき申込みとし、そのはがきで抽選をする想定をしている。メール等で募集をした場合に、抽選に支障がないか等は、今後検討していく。

委 員:スポーツなじみDAYの欄にあるセストシューターとは何か。

事務局:スポーツ推進委員が、数年をかけて開発をした厚木市オリジナルの競技である。スポーツなじみDAYで市民の方に体験してもらっている。今後、市民の方に体験していただき、広めていきたいと考えている。

ほぼ開発が終わり、細かいルール等については、これから詰めていくという段階である。

委 員:スポーツ推進委員で名前も考え、厚木市から発信していこうと考え、ルール等も検討しているところである。スポーツなじみDAYでも体験してもらっている。運動量もあるスポーツとなっている。

子供からお年寄りまでできるようなスポーツとしている。

概要としては、バドミントンコートの広さで、中央に玉入れのかごのようなもの置き、外側からディフェンスを避けながらボールを入れる競技である。

副会長:地区の体育振興会に広めるには、それぞれの公民館で説明会等を行う必要があると思う。完全に決まってから公表を考えるのか。または、秋の運動会に合わせて公表していくのか。

委 員:スポーツ推進委員の中でルール等も煮詰めて、地域の運動会等にお披露目できるような段階になれば、公民館へも広めていきたい。

会 長:ルールやチラシ等を今後作成したら、次回の会議で、各委員に配布していただきたい。

(3)その他 

   ・ねんりんピックについて(事務局から説明)

 開催地及び開催種目については3月に決定する予定だったが、まだ決定していない。県から詳しい説明はないが、示されているスケジュールでは、9月には設立準備委員会を開催し基本構想(案)を作成するとしている。

  

委 員:立候補している種目は何か。

事務局:ソフトテニス、ペタンク、剣道、グラウンド・ゴルフ、ラグビーフットボール、ソフトバレーボール、ターゲットバードゴルフ、バウンドテニス、健康マージャンの9種目。

委 員:これ以外の種目を厚木市で開催することはないのか。

事務局:県が決定するが、どこの市町村も手を挙げていない種目等、ほかの種目になる可能性はゼロではない。

委 員:県によると、どの市町村も手を挙げていない種目が、いくつかあると聞いている。

事務局:基本的には、市と種目協会の意向をマッチングさせて決定すると聞いている。

委 員:国体の時に厚木市ではソフトテニス、ソフトボール、弓道を開催した。

ソフトテニス、ソフトボールは市が立候補したが、弓道は県の意向で決定した。

厚木市は、地の利が良いので、県が他の種目等の候補地にする可能性もあると思う。固定観念を持たないほうがいいと考える。

委 員:例えば、グラウンド・ゴルフでは代表選手6人。全体として最大でも400人程度の見込み。団体種目だとより参加選手は多くなる。個人種目の方が、運営等の負担は大きくならないと思っている。

また、県から聞いている話では、輸送・宿泊の関係は、鉄道業界やホテル業界等の関係機関を集めて、これから準備するようである。

会 長:ねんりんピックの開催期日は。

事務局:まだ分からない。基本構想には載ってくるのではないかと思っている。

会 長:近年の大会から9、10月頃か。

事務局:今年は11月なので、11月も可能性がある。

会 長:分かり次第、情報を提示いただきたい。

委 員:体育の日をオリンピックの年にスポーツの日に変更する、日本体育協会も日本スポーツ協会となっている。国としてもスポーツという単語に変えてきている。市の市民体育祭等も、国と合わせてスポーツという名称に変えていくことを検討したらどうか。

事務局:今後、各団体や実行委員会に今の考えを伝えていきたい。

4 閉会

副会長

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連キーワード検索

スポーツ推進審議会 

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

スポーツ推進課スポーツ推進係

厚木市中町3-17-17(市役所第2庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2531
ファックス番号 046-223-0044
8850@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。