ページID:P026437

平成25年度 第2回 図書館協議会 会議録

最終更新日 2018年12月3日(月曜日)

印刷

会議の開催内容
会議主管課 中央図書館
会議開催日時 平成25年10月15日 午前9時30分から11時00分まで
会議開催場所 中央図書館4階会議室
出席者 図書館協議会委員5人、社会教育部長、社会教育部次長、中央図書館長、図書館係長、係員2人
説明者 中央図書館長、図書館係長、係員

会議の経過は次のとおりです。

1 開会

 会長      

2  案件

案件(1)「平成26年度事業方針(案)について」 

 事務局 
   案件(1)について説明
   事業方針については、重点事業として厚木市制60周年記念事業、図書館将来計画の検討、子ども
読書活動推進事業、 図書館サービスについての利用方法の周知説明と、主要事業等について説明
  会長 
         ただ今、説明がありましたが、何か御意見、御質問はございますか。
  委員
       主要事業の成人サービス事業の中の「青少年資料」とは、児童か大人か、誰を対象としているので
しょうか。また、 児童サービス事業の「学校図書室との連携」の「学校図書室」ですが、文部科学省等
のホームページでは、「学校図書館」 と書いてありますが、どちらを使うのでしょうか。
  会長 
         では、この2つの質問について、事務局説明をお願いします。
  事務局 
         成人サービス事業の「青少年資料」の対象については、2階フロアに中学生から20代までを対象に
したヤングアダルトコ ーナーがあることや、中央図書館での利用者登録が中学生から大人扱いであ
ることから、中学生から20歳くらいまでを対象と考えておりますが、成人サービスと別にするか検討し
てみます。
      次に「学校図書室」ですが、学校図書館法では「学校図書館」となっており、「2次厚木市子ども読書
活動推進計画」でも、「学校図書館」と統一しましたので、「学校図書館」に修正いたします。
  会長 
         他にありますか。
  委員 
        この事業方針は、厚木らしさがないように感じます。「和田傳コーナー」が既にありますが、もっと充
実させるとかするとい いのではないでしょうか。図書館の将来計画で厚木らしさを出してもいいと思い
ます。
  事務局 
          図書館将来計画への貴重な意見とさせていただきます。
  会長 
         「平成26年度中央図書館事業方針」(案)については、今日が最後ではないということですので、御了
承いただけますか。
  委員 
         委員了承
 

案件(2)「(仮称)厚木の子どもたちに手渡す100冊の絵本」について

会長 
       それでは案件(2)「(仮称)厚木の子どもたちに手渡す100冊の絵本」について説明をお願いします。
事務局 
        投票実施要領と投票結果について説明
会長 
        ただ今説明がありましたが、御意見、御質問等ありますか。
委員 
       他市でも、このように子どもにすすめる本を選定していますか。
事務局 
        県内で横浜市が、小学生を対象に「みんなによんでもらいたい本」を募集し、推薦の多かった本150冊
を、「ヨコハマの子どもが選んだ150冊」と紹介して、寄贈のお願いをしています。
会長 
       PRの仕方で、厚木らしさとなりそうですね。他にありますか。
委員 
       「公民館だより」が各地区で発行されていますが、どのような記事を載せているのですか。
事務局 
        毎月、1・15日に地区のイベントや催し物等の記事を載せて発行しています。広報の記事と重ならない
ようにしていますが、更に詳細に周知したい内容の記事は、重複しても載せるようにしています。
委員 
       とてもいい内容なので、「公民館だより」にも載せるなど、もっと周知してほしいと思い、お聞きしました。
事務局 
        このリストは市民及び図書館利用者による投票で決定しましたので、基本的な絵本リストとなるだけで
なく、子どもにすすめるときや読み聞かせや購入するときなどの参考にしていただけたらと考えています。
周知方法としましては、館内掲示や 中央図書館ホームページ、広報あつぎ、公民館だより、更に広報課
    を通じて各社に情報提供していく予定でございます。
委員 
        「公民館だより」、「タウンニュース」は、市民にとって厚木市のニュースを知り得る重要なものなので、
    載せてもらえるととてもいいと思います。
委員 
        「(仮称)厚木の子どもたちに手渡す100冊の絵本」リストに、写真や絵が載っているともっといいと思
    います。
事務局 
        全ては難しいですが何冊かは掲載できると思います。
会長 
       ベスト10を大きな写真入りでPRすると、子どもたちは喜ぶと思います。
   他に何かありますでしょうか。それでは案件(2)、御了承いただけますでしょうか。
委員 
       委員了承

   

案件(3)「将来の図書館像について」 

事務局 
        文部科学省生涯学習政策局社会教育課が作成した「これからの図書館像-地域を支え情報拠点を
     めざして-」に基づき説明
会長 
       ただ今説明がありましたが、御意見、御質問はありますか。
委員 
      「これからの図書館像-地域を支え情報拠点をめざして-」を参考に、3か年、5か年と長期計画で将
    来の図書館像を考 えていくようでしょうが、シティプラザ5階の青少年課が、(仮称)元気館に移る予定と
    聞きました。移った後を図書館として利 用したらいいのではないでしょうか。
事務局 
        図書館として利用するには荷重の問題があります。
委員 
       問題を考えてできる範囲内のことを考えてはどうでしょうか。たとえば「和田傳コーナー」を移すとかでし
   たらいいのでは ないでしょうか。ぜひ考えてほしいです。
会長 
       何かありますか。
委員 
      今まで、私にとって図書館は静かに本を読む場所との認識でしたが、お茶を飲みながら、楽しみながら、
   本が読める場所があってもいいのかと思います。魅力のある図書館になるのではないでしょうか。
委員 
       利用者アンケートをすると、既に行っているサービスを知らずに、「こんなサービスがあったらいいのに」
    と、書く人が多いと 聞きます。PR方法をもっと考える必要があると思います。
委員
       「子ども司書」を育成しているという記事を見たことがありますが、このようなことをしてもいいのではない
   でしょうか。また、メディアを活用したPR方法をもっと考えてもいいかもしれません。
委員 
    図書館は子どもから大人までの、要求を満たさなければいけません。その要求を満たすために、司書は
   調査・相談に応じ答える必要があります。司書は要であり、宝です。司書を減らすとか維持するだけでなく、
   増やすようにしていただきたいと思います。
事務局
        将来の図書館像を考える上で、参考とさせていただきます。
会長 
    将来の図書館像はこれから作成するので、意見等ありましたら今後もお願いします。では、案件3「将来の
図書館像について」御了承いただけますか。
委員 
    委員了承
 

案件(4)「その他について」 

会長 
    案件(4)その他について何かございますか。
それでは、案件が全て終了しましたので、事務局にお返しします。
事務局 
     長時間にわたり、ありがとうございました。次回は1月下旬の予定でございます。
それでは、会議を終了するに当たり、副会長から閉会の御挨拶をお願いいたします。
 

3  閉会
 

副会長  
       閉会あいさつ

関連キーワード検索

図書館協議会 

情報発信元

中央図書館

〒243-0018 厚木市中町1-1-3(厚木シティプラザ2から4階、地下1階)
開館時間:2階・地階 9時から19時まで、3階 9時から17時まで
休館日:施設保守日、年末年始、特別整理期間ほか(詳細は、中央図書館ホームページトップの休館日カレンダーをご覧ください。)
電話番号 046-223-0033
ファックス番号 046-223-3183
9000@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。