ページID:P043936

平成30年度 第3回 図書館協議会 会議録

最終更新日 2019年1月29日(火曜日)

印刷

会議主管課 中央図書館
会議開催日時 平成31年1月18日 午前10時から11時30分まで
会議開催場所 中央図書館4階会議室
出席者 厚木市図書館協議会委員5人、社会教育部長、中央図書館長、係員2人
説明者 中央図書館長、図書館係員

会議の経過は次のとおりです。 (公開日:平成31年1月29日)

1 開会

中央図書館長

2 あいさつ

会長

3 案件

案件(1)「図書館基本計画(案)」について

 

事務局 「図書館基本計画(案)」について、【資料1】から説明

会 長 ただ今の事務局の説明について、御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

委 員 中町第2-2地区のコンセプトが「サードプレイス」となっていますが、市役所も一体となった中でのサードプレイスということでしょうか?

事務局 「サードプレイス」は中町第2-2地区周辺整備のコンセプトとなっております。

委 員 これを見ると、複合施設がサードプレイスの中心的な役割のようですが、そこに市役所が入るとなると、サードプレイスなのか仕事する場所なのかというゾーニングの葛藤があります。直接市役所に来る要件というのは、ほとんど仕事や生活に係わることだと思います。サードプレイスとしては懐疑があります。

会 長 そうすると、1から4階までのゾーニングが難しい

副会長 「(仮称)本厚木駅東口地区複合施設等整備検討委員会」では本当にいろいろな立場の方が参加されているのですが、それだけにいろいろなアイディアが出されていました。交通渋滞緩和のため、駅からの人の流れを2階にして、複合施設の2階を入り口にする、というアイディアも出されました。

委 員 それは魅力的ですね。

委 員 図書館と市庁舎が本当に一緒でいいのか、本当にできるのかなという感想です。

委 員 予算のこともありますね。

委 員 中高層部というのはどのくらいの高さですか。先日22階建てマンションの広告を見ましたが、そのくらい高くなるのでしょうか。

事務局 マンションは入りませんので、それほど高くはならないと思います。

委 員 「TOYAMAキラリ」に行きました。図書館、美術館、銀行等が入って複合施設です。1階には受付しかありません。エスカレーターで2階に行くと展示スペース。地元の人が自慢に思っていて、観光案内でも観光スポットとして薦められました。レストランもあり、とても楽しかったです。

会 長 貴重な情報をありがとうございます。

委 員 開庁日がちがうのだから、入り口を別にして、縦長の施設を複合施設とするという考えもあるのではないでしょうか。

委 員 コンセプトが大枠で提示されたのみですから、コンセプトがはっきりしないとフロアイメージもはっきりと決まらないでしょう。

会 長 そうですね。学校でも、掲示について、いかに子どもを引き付けるか、見てもらうかが重要です。とすると、ゾーニング案のように1から4階が図書館、(仮称)こども未来館、庁舎窓口、5階以上が市議会、会議室、庁舎執務等というのも、お互いのPRができ共用のメリットもあるのではないでしょうか。

委 員 新しい図書館に関する個人的な考えを述べたいと思います。

 新しい図書館の前提条件として、図書館法と、「厚木市図書館基本構想2018」があります。この構想は「市民の学び、成長、楽しみに役立つ情報拠点」を基本理念としています。

 まず、この基本理念を「厚木らしさ」で再定義する必要があると考えています。次に、厚木の住民として「ありたい図書館の姿」があります。厚木市立図書館としてどうあるべきか、これについては議論が必要であると考えます。そういったものに、駅前の再開発や(仮称)こども未来館との融合、市庁舎の移転ということが加わって、「新しい厚木市立図書館の姿」が見えてくると思います。

 では、「厚木らしさ」とは何か、数字で考えると、厚木は昼間人口が多いです。学生と働きに来ている人が県内でも多くなっています。現在の高齢化率は県内では低い方ですが、これは逆に、今後の老年人口の増加率が高い、ということにもなります。また、海のない市にしては観光客数も多いです。この数字から、基本理念にある「厚木市民」とは、住んでいる人、働きに来ている人、学びに来ている人、遊びに来る人を含めて厚木市民と定義できると思います。「情報拠点」については、「情報」とは図書だけではなく、いろいろな知識等も含まれるし、「拠点」とは窓口、スタート地点であると思います。

 例えば病気についての質問があったら、その病気の本がある場所を案内すればいいのか、せっかく市役所と一緒になるのだから、そこから更に踏み込んで課題解決のヒントになる対応ができるのか、医療情報や世代間交流、郷土の情報などについて、どうあるべきか。このような考えは大阪府立図書館のワークショップを参考にしました。せっかく市役所と一緒になるのなら、何か違うサービスができないかと考えます。

 課題解決に役立つ図書館になってほしいと思います。また、評価のための新しい指標も必要なのではないかと思います。

会 長 ありがとうございました。結論を出すような場でもありませんので、何かご意見がありましたらお願いします。

委 員 実際のレファレンスカウンターにはどのような質問があるのでしょうか。

事務局 本当にいろいろなご質問があります。また、自分の用件は市役所のどこにいけばいいのか、というようなご相談もあります。県内では横浜市など医療情報に力を入れている図書館もありますし、岐阜の図書館で、来館者による周辺地区の店舗情報の交流から、案内パンフレットを作った例もあります。図書館というのは、様々な発展性がある場所だと思います。

委 員 例えば医療情報について、どこの都道府県でも医療情報センターがあり、神奈川県のHPにも載っています。しかし市民のほとんどはそれを知りません。

事務局 レファレンスには資料の提供と類縁機関の紹介があります。レファレンスは情報を知っているだけではなく、市民が何を求めているかを「聞き出す力」が必要です。質問によっては、図書館が入り口で、関連する課に繋ぐ必要も生じます。

会 長 ワンストップサービスと重なるところですね。

委 員 そういったお話を聞いていると夢が広がりますね。子どもを持つ親は忙しいので、一か所で済めばありがたいです。ただ、どういう風に一緒になるのかわからない。1階の入り口に市役所の窓口だけあっても、どこ行けばいいのか、どうすればいいのかわかりません。案内してもらえる場所があればいいと思います。

委 員 いろいろな展開もあると思いますが、それをどこまで取り入れる必要があるかと思います。図書館としての深度、必要な本が厚木にないとしたら他を探して借りてくれるとかは今もやっていただいているが、そういった基本的なサービスにその他の市民の要求をどこまで満たしていくか、兼ね合いが難しいかもしれません。

委 員 これからの新しい厚木の図書館としてどうありたいかということだと思います。複合施設で、後ろに市役所があるという状況での図書館サービス。本を渡すだけでいいのか、無料貸本屋じゃないんだということを議論したいです。総合的な施設の中の図書館はすごく使い勝手がよくなる可能性があります。もちろん、人の「資質」が重要になってきますが、「ありたい姿」をイメージしておかないといけないと思います。

委 員 公の施設ということで、どこまで冒険ができるだろうかと思います。

副会長 「(仮称)本厚木駅東口地区複合施設等整備検討委員会」では、10年後20年後の図書館はどうあるべきかという話まで出ました。そういった話を聞きながら私は、例えば児童書は日本で一番揃っている図書館です、と言えるようにしたいとか、昼間人口が多いので調べる本は電子書籍にしていくなどの特徴を持たせたらどうかとか、プラネタリウムもせっかく作るなら万博のパビリオンのようにいろいろな体験ができるといいとか、細かいアイディアがいろいろ浮かびました。こういったところを図書館が出していくといいのではないかと思いました。

委 員 「厚木らしさ」を出したいですね。社会人が多いのですから、インターネットにはない情報とかがあるといいと思います。内陸工業団地や厚木市内の企業でHPを持っていないところも多いです。市内の企業の社史は全てある、というのもいいのではないでしょうか。

事務局 大人の科学館というアイディアが出たこともあります。また、厚木市内には業界ではトップクラスの企業が結構あるが、市民には知られていないこともあります。そういう企業の方に来ていただいて、体験をしたり、お話を伺ったりする機会を作ったらどうかというアイディアが出たこともありました。図書館という場を使って繋いでいく、知らなかったことを知る、そういう図書館になる可能性もあります。

会 長 【資料1】についてはよろしいでしょうか。では、【資料2】について、事務局からご説明をお願いします。

事務局 図書館と他部署との連携等について、【資料2】から説明

会 長 ただ今の事務局の説明について、御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

それでは、案件(1)「図書館基本計画(案)」については、よろしいでしょうか。

委 員 了承

案案件(2)その他  

会 長 用意された案件につきましては終わりましたが、他に何かございますか。他にないようでしたら、事務局にお返しいたします。皆様、御協力ありがとうございました。

事務局 次回は3月ごろの予定です。御協議いただき、ありがとうございました。それでは、本日の協議会の閉会に当たりまして、副会長から閉会の御挨拶をお願いいたします。

 4  閉  会 

副会長

 

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

図書館協議会 

情報発信元

中央図書館

〒243-0018 厚木市中町1-1-3(厚木シティプラザ2から4階、地下1階)
開館時間:2階・地階 9時から19時まで、3階 9時から17時まで
休館日:施設保守日、年末年始、特別整理期間ほか(詳細は、中央図書館ホームページトップの休館日カレンダーをご覧ください。)
電話番号 046-223-0033
ファックス番号 046-223-3183
9000@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。