ページID:P049342

令和2年度 第1回 図書館協議会 会議録

最終更新日 2020年7月28日(火曜日)

印刷

会議主管課 中央図書館
会議開催日時 令和2年7月15日 午前10時から11時45分まで
会議開催場所 第二庁舎15階農業委員会会議室
出席者 厚木市図書館協議会委員6人、社会教育部長、中央図書館長、図書館係長、係員2人
説明者 中央図書館長、図書館係長、係員

会議の経過は次のとおりです。(公開日:令和2年7月28日)

感謝状交付

委嘱状交付

あいさつ

教育長

1 開会

中央図書館長

厚木市図書館協議会委員及び事務局職員紹介

2 案件

(1)厚木市図書館協議会会長の選出について

委員の互選により、会長に須藤委員、副会長に田中委員を選出。

(2)会議等の公開の取扱いについて

会 長 会議録公開の際、発言者の氏名について記載し公表することについて、ご意見をお聞かせください。

A委員 委員だけの表記の場合、同じ人の発言なのか違う人の発言なのかわからないので、A委員、B委員などと表記し、発言が区別できるようにしたらどうでしょうか。

会 長 では、個人名は記載せず、委員の発言が区別できるように表記するとしてよいでしょうか。

全委員 了承

(3)平成31年度事業実績報告について  

事務局 「厚木の図書館2019」【資料2】から、平成31年度の事業概要、所蔵資料と受入状況、図書館活動の推移、予約・リクエスト状況、各種サービス、行事等について説明。

会 長 ただ今の事務局の説明について、御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

A委員 資料2、16頁の統計資料編についてですが、この指標は何を意味しているのでしょうか。全国や近隣との比較数値や目標数値の記載がないので、どう評価したらいいのかわかりません。

事務局 全国的な統計に対する指標の一つとして記載していますが、目標や比較する指標を貸出点数や蔵書数から変えている自治体もあります。

A委員 23頁のように推移があれば、貸出数は減っているが登録者数は増えているなど、評価できるところが見えてくると思いますが。

B委員 厚木市の全国的な位置というのはどうでしょう。

事務局 人口20万以上30万人未満の類似図書館で比較しますと、だいたい平均はクリアしている状況です。

C委員 インターンシップの実施校が2校ですが、他にも高校があるので受入れを増やしてはどうでしょうか。

事務局 インターンシップは、県からの依頼を受けて実施しています。その他、中学生向けの職場体験を実施しています。実施の際には、必ず職員が1名指導につきます。

D委員 厚木の図書館には、外国語の書籍が早い時期から用意されていました。外国籍児童が増え地元の小学校でもサポートするシーンが増えているとききます。何かサポートができることがあれば参考にお伺いしたいと思います。

事務局 外国籍児童については、学校でのサポートが中心で、図書館はそれを補助するという状況です。かつては外国籍の方のCDの利用が多い状況でしたが、インターネットや配信によるのか貸出は減っています。

E委員 読み聞かせボランティア養成講座について、平日に開催していますが、休日に行うことで、働いている方も参加できるように検討していただければ参加者層も変化してよいのではないでしょうか。

事務局 参考にさせていただきます。今年度は一般向け講座を秋に開催する予定で、会場も広い会場を用意します。

A委員 例えば、オンライン開催を検討してはどうでしょう。新型コロナウイルスの影響で、オンラインミーティングも増えています。自宅や会社で接続環境を用意できる方はいいが、できない方もいます。図書館が環境を整えて、講師と撮影者が図書館に来れば動画配信ができるような仕組み作りはどうでしょう。厚木にはネットワーク系の企業も多いので協力を得られるのではないでしょうか。

E委員 オンライン開催であれば参加しやすくなりますし、動画であればわかりやすいですね。

会 長 その他、特になければ、案件(2)平成31年度事業実績報告については、よろしいでしょうか。

全 員 了承

(4) 令和2年度中央図書館事業方針及び予算について

事務局 令和2年度中央図書館事業方針及び予算の概要【資料3】を説明。

会 長 ただ今の事務局の説明について御質問、御意見等がございましたらお願いいたします。

E委員 読み聞かせ講座を一般向けに開催するというのはありがたいです。プレママに向ければブックスタートにつながりますし、おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに読んであげるということも想定できます。

B委員 中学生向けには読み聞かせをやっていない学校も多いですが、以前実施したところでは、読書に興味なさそうな中3男子も、熱心に聞いていました。いくつになっても読書の経験が必要だと感じました。ほうっておいたら本を手に取らないような生徒でも、与えられれば長い人生の糧になります。また、職場体験について、今年度は難しいと思いますが、状況が変わったらぜひお願いしたいと思います。

D委員 以前勤務していた図書館では「おじいちゃんおばあちゃんの日」というものを作って、その日の読み聞かせはおじいちゃんおばあちゃんと一緒におはなし会をしていました。柳田邦男さんが、大人も絵本を読むことを推奨していますが、心に残る一冊は人生の様々なステージで受け取るものが異なり、何度も読み返すことでさらに深みが増します。絵本は幅広い世代で読むことができるので、世代分けせずに活用できると思います。

C委員 厚木市の他部署とのコラボレーションは進めてほしいと思います。科学館のプラネタリウムとコラボしておはなし会をするなどもよいと思います。

F委員 ブックスタートに長く携わって感じたことは、本で遊ばせるのではなく、ちゃんと読ませる聞かせることが大事だということです。本に集中する方法を教えることで、自分でも本が読めるようになります。厚木市のブックスタートはただ本を配るのではなく、読み聞かせの説明付きで配布していることが良い事業として評価できます。

A委員 教育分野はすぐに成果が目に見えるものではないので難しいのですが、次の予算獲得のためにどう評価基準や指標を設けるのかが重要になります。

F委員 質より量がわかりやすいので評価されやすいが、質は大事にしてほしいと思います。

A委員 質は定義が難しいですね。

D委員 図書館の評価の指標はいろいろありますが、一つの例として提示したいのが、以前勤務していた図書館は、10代の若者たちが用もないのに来る図書館でした。そういう関係が図書館と利用者の間で築ければ、図書館側では思いもつかないような様々な意見やアイデアをもらうことがあります。例えば、ヤングアダルトコーナーにダンスダンスレボリューションというゲームを設置したところ、普段図書館に来ないような10代の若者たちがさらに集まるようになり、その後、図書館運営グループができた例があります。図書館が良かれと思った事業も利用者に響かないこともあるので、利用者のニーズにマッチできるかが一つの指標になるのではないでしょうか。

会 長 他に御質問、御意見はございませんでしょうか。案件(3) 令和2年度中央図書館事業方針及び予算についてはよろしいでしょうか。

全委員 了承 

(5)その他

事務局 次回は10月の予定です。長時間にわたり御協議いただき、ありがとうございました。それでは、本日の協議会の閉会に当たりまして、副会長から閉会の御挨拶をお願いいたします。

 3 閉  会 

副会長

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

図書館協議会 

情報発信元

中央図書館

〒243-0018 厚木市中町1-1-3(厚木シティプラザ2から4階、地下1階)
開館時間:2階・地階 9時から19時まで、3階 9時から17時まで
休館日:施設保守日、年末年始、特別整理期間ほか(詳細は、中央図書館ホームページトップの休館日カレンダーをご覧ください。)
電話番号 046-223-0033
ファックス番号 046-223-3183
9000@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。