ページID:P035627

厚木排水区浸水被害軽減対策事業について(厚木市厚木排水区下水道浸水被害軽減総合計画)

最終更新日 2018年9月28日(金曜日)

印刷

下水道浸水被害軽減総合事業

 近年、全国的に下水道施設の整備水準を超える局所的集中豪雨や、都市化に伴う雨水流出量の増加により浸水被害が多発しております。また、地球温暖化に伴う気候変動により、大雨の増加や台風の巨大化などが被害を増大させる可能性も指摘されています。

 このような状況の下、浸水被害の最小化を図るため、雨水貯留施設等のハード対策に加え、内水(浸水)ハザードマップの公表等のソフト対策及び関係住民等による自助を組み合わせた総合的な浸水対策を推進するための事業制度として、平成21年度に国土交通省により「下水道浸水被害軽減総合事業」が創設されました。

厚木市厚木排水区下水道浸水被害軽減総合計画

 厚木市においても、平成25年4月6日に厚木市で観測史上最大である1時間あたり65ミリの大雨が降り、本厚木駅周辺を中心に浸水被害が発生しました。このようなことから、平成25年度に本厚木駅周辺である厚木排水区の基礎調査、平成26年度にハード対策である雨水貯留施設と雨水貯留管の基本設計、平成27年度から雨水貯留施設の実施設計を行い、浸水軽減対策の検討を進めてまいりました。

 平成28年度には国土交通省の交付金事業である「下水道浸水被害軽減総合事業」の実施に伴う、「厚木市厚木排水区下水道浸水被害軽減総合計画」の承認を国土交通省からいただきましたので、今後、雨水貯留施設の発注に向けて準備してまいります。

現在の状況

平成28年5月18日  厚木市厚木排水区下水道浸水被害軽減総合計画について国土交通省関東地方整

          備局の承認。

平成28年6月30日  南地区の雨水貯留施設の実施設計(平成27年度公共下水道厚木排水区浸水対策

           実施設計委託)が完了。

平成28年7月26日  旭町1丁目及び旭町5丁目の市民を対象に事業説明会を実施。

          (当日の説明資料については関連ファイルを参照ください)

平成29年2月 6日   施工会社と工事請負の仮契約を締結。

平成29年3月21日  平成29年厚木市議会第1回会議(2月定例会議)にて議決され、本契約。

平成29年5月 1日   旭町1丁目、旭町2丁目及び旭町5丁目の市民を対象に工事説明会を実施。

          (当日の説明資料については関連ファイルを参照ください)

平成29年5月22日  あさひ公園にて工事開始。平成31年度、完成予定。

平成30年2月28日  北地区の雨水貯留管の実施設計(平成29年度公共下水道厚木排水区浸水対策実

           施設計委託)が完了。

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

公共下水道 下水道 浸水 貯留 あさひ公園 厚木排水区 

情報発信元

下水道施設課

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所第二庁舎14階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2370
ファックス番号 046-222-8749
5300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。