ページID:P041707

700MHz帯携帯基地局からの電波によるテレビ受信障害と対策について

最終更新日 2018年6月5日(火曜日)

印刷

700MHz利用推進協会

700MHz帯の周波数を再編成します

総務省は、近年のスマートフォンの普及等に伴う携帯電話の通信の急増や、地上デジタルテレビ放送への完全移行等を踏まえ、700MHz帯の周波数の再編を行っています。

この再編では、地上デジタル放送の完全移行に伴い、空いた周波数帯を割り振られた携帯電話事業者が利用して携帯電話の電波が発射されることになります。

このことに伴いまして、テレビの電波と携帯電話の電波が混在することになるため、テレビの受信に障害が発生する恐れがあります。

700MHz帯とは

電波は、利用の用途等で複数の周波数帯に分けられ利用されています。近年のスマートフォンの急激な普及により、つながりにくさや通信速度の低下等が懸念されています。

こうした現状から、快適な通信環境を確保するため、周波数帯の再編を行い、新たな利用が進められているのが700MHz帯です。

現在、700MHz帯はテレビ放送やラジオマイク等で利用されていますが、2012年までに予定されている地上アナログテレビ放送のデジタル化に伴い、空いた領域を携帯電話事業者に割り振り、新たな利用が見込まれています。

テレビ受信障害について

700MHz帯の周波数の再編を行った場合、テレビの電波と携帯電話の電波が混在して発射されることになります。

このため、700MHz帯携帯電話基地局周辺の家屋・ビル建物において、受信したテレビ信号を増幅する装置(受信ブースター)を使用して地上デジタル放送を視聴している場合、受信ブースターの動作不良等により、画面が乱れる等のテレビの受信に障害が発生する場合があります。

対策について

受信したテレビ信号を増幅する装置(受信ブースター)を使用して地上デジタル放送を視聴している場合、テレビ信号を受信しやすいようテレビアンテナの調整が必要な場合があります。

詳しくは、一般社団法人700MHz利用推進協会のウェブサイトをご覧ください。

なお、ケーブルテレビや光ケーブル等でテレビを視聴される場合は、影響はありません。

  •  一般社団法人700MHz利用推進協会ウェブサイト

  http://www.700afp.jp/lp/ [外部サイトへ移動します]

お問い合わせ

700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンターまでお願いします。

受付時間 9時から22時まで(年中無休)

フリーダイヤル 0120-700-012

700メガヘルツテレビ受信障害対策コールセンター

(公開日:平成30年6月5日)

関連ページ

※用語解説のリンクは、辞書サイトの「Weblio」のページに移動します。

情報発信元

情報政策課地域情報推進係

〒243-8511 厚木市中町3-17-17(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分まで
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)
電話番号 046-225-2459
ファックス番号 046-225-3732
1300@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。