ページID:P047596

厚木市職員紹介 事務(危機管理課)

最終更新日 2020年2月28日(金曜日)

印刷

 職員インタビュー(平成29年度採用職員)

危機1 

入庁の動機は?

 幼少期を過ごした思い入れのある厚木市のために働きたいという思いから、厚木市への入庁を決めました。転居を伴う転勤がなく、腰を据えて仕事に集中できる環境が整っていたのも、入庁の動機の一つです。

現在の業務は? 

 地震や風水害などの災害対応、防災・減災を目的とした厚木市総合防災訓練の計画立案や災害時における職員の役割をまとめた災害対策本部配備計画の策定が業務の中心となります。その他、ブロック塀工事などの補助金に関する業務や市民の皆さんに防災講話を行うこともあります。
危機2

仕事のやりがいや魅力は?

 講話などを通じて、「災害を身近に感じた」「防災・減災の取り組みをしようと思う」などの反応を頂けると、やりがいを感じます。災害という一見固い分野を、分かりやすく理解して頂くためにはどうすればよいか、日々模索しています。

危機5

印象に残っているできごとは?

 入庁後、最初の研修で職員が話していた「市役所の職員になったことで、災害時に守られる立場だったのが守る立場になりました」という言葉が印象に残っています。

入庁前と入庁後で、市役所のイメージは変わったか?

  あまり変わりませんでした(民間企業を経験していたので、働くことに対するイメージが出来ていたからかもしれません)。 

職場の雰囲気は?

 職員同士のコミュニケーションがきちんと取れている、意思疎通のしやすい職場です。「やる時はやる、休む時は休む」とメリハリをつけて仕事をしています。

あつぎの好きなところは?

 都心へのアクセスが良く、大抵の用事は市内で済ますことが出来るところです。まだ厚木市のことを良く知らない方は、是非自分の好きなあつぎを見つけてみてください。

将来の目標は?

 市民の皆さんや職員から必要とされる職員を目指しています。そのために、様々な分野の業務に挑戦し、多くの知識やスキルを身につけたいと考えています。
危機3

厚木市職員を目指す人へのメッセージをお願いします 

 厚木市役所には、働きやすい職場環境が整っていると感じています。就職・転職は人生の重要な転機となりますので、後悔のないよう頑張ってください。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。

mini profile

趣味:バドミントン
 中学生の時から始め、今でも細々と続けています。

一日のスケジュール

 危機6
(公開日:令和2年2月28日)

関連キーワード検索

採用 試験 募集 

情報発信元

職員課人事研修係

(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2070
ファックス番号 046-225-3732
0500@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。