ページID:P041198

厚木市まち・ひと・しごと創生総合戦略を見直しました

最終更新日 2020年4月22日(水曜日)

印刷

 厚木市まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「総合戦略」という。)は、平成27(2015)年度から令和元(2019)年度までの5年間における人口減少を克服するための施策の基本的方向性を取りまとめた計画です。

 令和元(2019)年度に総合戦略の対象期間が終了となりますが、現在策定を進めている次期総合計画との計画年度を含めた整合性を確保するため、総合戦略の対象期間を延長するとともに、施策横断的な目標の追加やSDGs(持続可能な開発目標)との関連付けのほか、重要業績評価指標(以下「KPI」という。)の追加・見直し、平成30年3月の改定以降の新規事業を位置付けました。

(公開日:令和2年4月22日)

見直し年度  

 令和元年度

見直しの内容  

対象期間の延長

 令和3年度からスタートする次期総合計画との計画年度を含めた整合性を確保するため、総合戦略の対象期間を令和2(2020)年度まで延長しました。

施策の体系に重要な視点を追加

 国の第2期総合戦略を踏まえ、施策横断的な目標として、重要な視点を位置付けました。

施策の方向性にSDGsとの関連を追加

 各基本目標における施策の方向性がSDGsの17の目標との関係性を追加しました。

 

  • SDGsとは

 2015年9月の国連サミットで採択された2030年を期限とする国際目標で、持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットから構成されています。「誰一人取り残さない」社会の実現を目指し、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に統合的に取り組むこととしています。 

数値目標の変更

 対象期間を延長することに伴い、四つの数値目標を変更しました。

重要業績評価指標(KPI)の見直し

  • 目標値の変更
     対象期間を延長することに伴い、各KPIの目標値を変更しました。
  • KPIの設定  2指標
     これまでの効果検証を踏まえ、新たにKPIを設定しました。
  • 補助指標の追加 12指標
     KPIとして設定している市民満足度のうち、特定の年代を主対象とした施策については、各施策が狙っているメインの年代層に施策の効果が的確に届いているのかを検証するため、補助指標を追加しました。

事業の追加

 平成30年3月の総合戦略改定以降における、令和元年度及び令和2年度の新規事業を総合戦略に位置付けました。

  • 新規事業 9事業 

厚木市まち・ひと・しごと創生総合戦略【改定版】

厚木市まち・ひと・しごと創生総合戦略【改定版】

関連ファイル

※PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開きこのサイトを離れます)が必要です。

関連ページ

関連キーワード検索

総合計画 あつぎ元気プラン 人口ビジョン 総合戦略 

情報発信元

企画政策課計画調整係

(市役所本庁舎4階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2455
ファックス番号 046-225-3732
1100@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。