ページID:P043667

平成30年厚木市議会第5回会議(12月定例会議) 総務企画常任委員会委員長報告

最終更新日 2018年12月28日(金曜日)

印刷

 12月定例会議が終了しました。
 こちらでは、定例会議最終日に報告された常任委員会の委員長報告をお知らせします。
 なお、掲載は会議録が公開されるまでの期間になります。それ以降は会議録をご覧ください。

 

  ただいま議題となりました日程のうち、本委員会に付託されました案件につき、去る12月11日に総務企画常任委員会を開きましたので、その経過と結果につきましてご報告申し上げます。
◎「議案第86 号 厚木市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について」は、審査し、
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第 87 号 厚木市常勤特別職職員の給与及び旅費に関する条例及び厚木市病院事業管理者の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について[所管条例]」は、審査し、
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第 88 号 厚木市職員の給与に関する条例及び厚木市一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部を改正する条例について」は、委員から、
◆人事院勧告による給与等の改正だが、全体としてどのようにかわったのか。との質疑があり、理事者から、
◇行政職1において、給料月額で1級の主事補及び技師補は平均で約1,200円、2級の主事及び技師は平均で約1,000円、3級の主任は平均で約600円、4級の主査は平均で約460円、5級の副主幹から8級の部長までは平均で400円、行政職1の全体では約590円引き上がる。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第89号 厚木市手数料条例の一部を改正する条例について」は、委員から、
◆一時的な建築物についての用途変更の手数料を改定するとのことであるが、一時的建築物とは具体的にはどういったものか。との質疑があり、理事者から、
◇倉庫等に隣接して店舗があり、店舗の改修等があった場合、倉庫を一時的に店舗として利用するようなケースが想定される。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第90号 厚木市市税条例の一部を改正する条例について」は、委員から、
◆軽自動車税と環境性能割の厚木市での影響は。との質疑があり、理事者から、
◇現在、神奈川県全体の自動車取得税のうち軽自動車税相当分の平成29年度決算をベースに厚木市の交付割合を乗じて算出した31年度分の概算額は1,392万8,000円と見込んでいる。環境性能割の取得税の部分で入ってくるが、現在の軽自動車税は税率等もかわらないため軽自動車税としては影響はない。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第92号 厚木市議会議員及び厚木市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例について」は、委員から、
◆統一地方選挙から対象になるのか。との質疑があり、理事者から、
◇来年4月の統一地方選挙からは対象となる。また、対象は都道府県議会議員、政令指定都市の市議会議員及び一般市の市議会議員で、町村議会議員は対象外である。との答弁がありました。また、
◆投票率アップにつなげるため、ビラが公費の対象になったと思うが、効果の予測は。との質疑があり、理事者から、
◇今回の公職選挙法改正の理由は、都道府県または市の議会の議員の選挙において候補者の政策等を有権者が知る機会を拡充するためとうたわれている。頒布できる枚数は、一般市は4,000枚で、従前できなかった細かい政策等を有権者に示す機会がふえ、投票率アップに寄与すると考えている。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「議案第97号 平成30年度厚木市一般会計補正予算(第5号)[所管科目]」は、委員から、
◆通信指令関係事業費について、訓練で役割が発揮されたために無線機を付けるのか。との質疑があり、理事者から、
◇総務省消防庁から無償貸与される拠点機能形成車に使用する消防無線機を積載するものである。拠点施設となる指揮本部に可搬型の無線機を1台、支援隊として活動する隊員にアナログ式の無線機を6台、デジタル式携帯型無線機3台を整備するものである。との答弁がありました。また、
◆災害対策事業費増の詳細は。との質疑があり、理事者から、
◇台風12号及び24号で開設をした公民館14カ所と児童館2カ所及び老人憩いの家2カ所の合計18カ所に、避難者の情報入手手段としてテレビを設置するものである。との答弁がありました。また、
◆災害時の電源の問題に早急に対応されたい。との意見がありました。また、
◆消防庁舎維持補修事業で繰越明許とした理由は。との質疑があり、理事者から、
◇蓄電池補修の工事で、受注生産になり年度内に工事完了が難しいためである。との答弁がありました。また、
◆ふるさと納税推進事業費について、内訳は。との質疑があり、理事者から、
◇返礼品とその送料1,550万円、事務的な委託料450万円、クレジット関係手数料80万円で、全部で2,080万円になる。今回、寄付金が8,000万円増で3億円を見込んでおり、経費は今回の補正後で1億6,000万円となり、経費率が53%程度である。との答弁がありました。
◇採決の結果は、賛成全員で原案のとおり可決すべきものと決しました。
◎「陳情第25号 厚木市長の在任の期数に関する条例の誠実な履行を求める陳情」は、委員から、
◆多選の弊害が現状ではないと行政側として言いきれる根拠はあるか。との質疑があり、理事者から、
◇多選による弊害は、周囲の助言を聞かないなど政治の独走化を招く、人事の偏向を招き職員任用における成績主義にひずみを招く、政治のマンネリズムを招き職員の士気が沈滞する、議会との関係に緊張を欠きチェックアンドバランスが保てなくなる、長期にわたって政策が偏り財源の効率的使用が阻害される、日常の行政執行が事実上の選挙運動としての効果を持ち公正な選挙が期待できなくなる、新人の立候補が事実上困難になる、などがあげられているが、明確には立証されていないのが現状である。との答弁がありました。また、
◆立候補権を制限するようなやり方に危惧があり、努力規定にしたということで努力をしたという過程が大切であること、また、期数で弊害は測れないため「誠実な履行」という表現は条例に沿っていないと思い反対である。との意見がありました。また、
◆条例を守らなければいけないことは大事なことだが、条例自体に「努めるもの」となっているため採択はできない。市長自身が判断をし、その上で市民が判断をすることでよいと思っており、趣旨採択としたい。との意見がありました。また、
◆「努めるものとする」ということの誠実な履行があれば、会派では趣旨採択である。との意見がありました。また、
◆市長自らが条例を提案したが、議会の議決により条例を制定した以上、その遵守を求めなければならないと思う。市長が条例を守らないと、窓口等に条例を守らない人が来た時に職員の対応が難しくなることが危惧されるため、それについて丁寧な説明を求め、会派では陳情項目は何も問題なく、このまま履行されたく賛成である。との意見がありました。また、
◆ある一部の市民の声で市長が翻意したのであれば努力規定が形骸化する心配がある。議会としては最後まで条例遵守と、後継者を探してほしいという立場を貫くべきだと考えている。また、施政方針に市長選挙とこの条例遵守が入っていなかった点は市長のみの責任とは思っていない。そういうことが大事であると行政全般に行きわたっていなかったことのほうが問題であると、この条例を委員長採決で採択すべきであると判断した者としては言わせてほしい。との意見がありました。
◇採決の結果は、趣旨採択、採択、不採択の3つの意見が競合したため、まず初めに、趣旨採択とすることについて採決した結果、賛成少数で趣旨採択とすることが否決されましたので、改めて採決を行い、採決の結果は、賛成多数で採択すべきものと決しました。
◎「陳情第24号 横田ラプコンの撤廃を求める意見書を国に提出することを求める陳情」は、委員から、
◆住民生活にも弊害があり、全国知事会がこの米軍基地負担に関する提言を出していることを重く受け止めなければいけないと思う。外交問題や防衛問題について地方議会で議論するのはいかがなものかという発言もされたが、国民が影響を受けていることに対して地方議会からしっかりとものを言っていくのは私たちの責任ではないかと思う。また、横田の問題をきちんと取り上げてくださいというニュアンスも感じるので、採択し意見書を提出したい。との意見がありました。また、
◆基地がある段階で撤廃というのは難しく現実的ではないと思う。また、日米地位協定の関係で、横田ラプコンだけを取り上げて審議するのは狭すぎると感じ、国で全般的な議論をされたいため反対である。との意見がありました。
◇採決の結果は、賛成少数で不採択すべきものと決しました。
 以上で報告を終わります。
(公開日:平成30年12月28日)

情報発信元

議会総務課議事調査係

(市役所本庁舎5階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2701
ファックス番号 046-223-9535
7600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。