ページID:P042581

【陳情第18号】心身障害者医療費助成を精神障害者保健福祉手帳2級にも拡大・適用することを求める陳情

最終更新日 2018年10月19日(金曜日)

印刷

陳情第18号 平成30年8月10日   受理
議決結果 平成30年10月5日 趣旨採択
 

件名

心身障害者医療費助成を精神障害者保健福祉手帳2級にも拡大・適用することを求める陳情

陳情者

厚木市まつかげ台52番地5
精神保健福祉促進会フレッシュ厚木
会長 臼谷 弘

付託委員会

市民福祉常任委員会

陳情の趣旨

 市の障害者に対する医療費助成は、身体障害者手帳は1級から3級(重度から中度)、療育手帳A1からB1(重度から中度)、精神障害者保健福祉手帳は1級(重度)となっています。身体障害者、知的障害者に対してはともに重度から中度までの助成がありますが、精神障害者への助成は1級の重度のみで2級については助成対象から外れており、3障害(身体・知的・精神)の間で格差があるままとなっています。
 障害者基本法、また、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律では障害種別による格差を設けていません。つまり3障害(身体・知的・精神)は平等に取り扱われるべきであるということになります。地方行政は公正・公平でなくてはなりません。
 精神障害者の多くは症状に波があり、安定、継続して就労することは難しく就労率も他の障害と比べて低いので、経済的にはかなり厳しいのが現状です。
 また、家族会が実施した「精神障がい者の医療費及び交通運賃に関するアンケート」の結果からも、生活が困窮している実態がみえてきます。
 精神障害者2級にも医療費の助成があれば経済的理由によって精神疾病を含む疾病の治療から遠ざかることがなくなります。
 精神障害者の生活の安定と健康の保持、また、医療費負担軽減のために、そして合理性のない格差の解消のために、次の項目について陳情いたします。

陳情の項目

 精神障害者保健福祉手帳2級にも他障害、他地域で適用されている医療費助成を拡大・適用してください。

情報発信元

議会総務課議事調査係

(市役所本庁舎5階)
開庁時間:8時30分から17時15分
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話番号 046-225-2701
ファックス番号 046-223-9535
7600@city.atsugi.kanagawa.jp または メールフォーム

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。

より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。
いただいた情報は、プライバシーポリシーに沿ってお取り扱いいたします。